7月 03

今回のレシピは、私の定番『スモークツナのカルパッチョ』です。

完成!! カルパッチョ スモークツナのカルパッチョ

この料理は、フレンチの鉄人「坂井宏行」が、フライパンを使って、スモークを作っていたのにヒントを得て、安い食材で、パーティ料理が作れそうだなぁ~と思って、トライしたものです。
まあ、5年くらい前から、毎年作っているので、ウチでパーティやった人は、ほとんどが食べていると思いますwww

備長マグロやメバチマグロの様な、脂の少ないマグロを使って、スモークにすることで、生臭みが無くなり、一気にイタリアンになります。
サラダの様に食べられるので、好き嫌いのある方も、結構平気のようです。

食材は、マグロのブロック(200gで4人分くらい)、オリーブオイル、岩塩、レモン。
他に、サラダ菜やトマト、バジルやパプリカなどが彩りを添えてくれます。

焼き入れ中 マグロブロックの表面をバーナーで
たたきにします。フライパンでさっと表面だけ火を通しても
良いのです。

火の通しすぎに注意です。
鍋を準備 私は鍋を使用しています。
アルミホイルを敷いて、チップを
一握り。
スモーク!! 網を敷いて、その上に
表面を炙ったマグロを置きます。強火で一気にスモークします。

ちなみに、弱火だと煙が出ない時が
あります。

長く燻りすぎると、中まで火が通って
しまいます。
(それはそれで、美味しいけど。)
寝かせます スモーク後、キッチンペーパーと
ラップで包み、冷蔵庫で寝かせます。余分な水分と荒熱を取るのも大切です
が、スモークを落ち着かせるためでも
あります。
寝かせ終了 一晩寝かせた後です。
スライスして並べます スライスして、岩塩をぱらぱらと。
オリーブオイルの後にお塩を振っても
味が付きませんので、ご注意を。
完成!! お好みのトッピングとオリーブオイルと
レモンをぎゅーっと搾って完成です。
ちなみに、サーモンも同じように仕上げることができますが、熱が入りすぎると、フレークになってしまうので、注意が必要です。
サーモンの場合は・・・・・こんな感じwww
サーモンのスモークカルパッチョ

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

10月 06

釣りの中で最も好きなエギングですが、釣れるアオリイカは絶品です。
お刺身が定番ですが、色々な料理を楽しめます。
こちらで、オリーブオイル炒めを紹介していますが、今回は他の料理をご紹介。

細かい説明は不要だと思いますが・・・・・

こちらが『お刺身』
アオリイカのお刺身 アオリイカのお刺身2

そして、お刺身のシソ和え
アオリイカのお刺身・シソあえ
味噌タタキ(なめろう)
アオリイカの味噌タタキ(なめろう)

忘れちゃいけないのが・・・・『一夜干し』です。
では、早速作り方を・・・・

一夜干しレシピ1 内臓と墨袋、目玉を落とし、皮を剥いだ
アオリイカを約4%の塩水+日本酒少々
に1時間ほど浸します。塩気の好みは分かれると思います。

ぴちっとシート

こちら、燻製を作る時にも重宝している
ぴちっとシートです。外で干すのも良いのですが、衛生的に
こちらのシートにくるんで、冷蔵庫で
寝かせています。

浸透圧で、水分のみを吸い取ってくれます
が、旨みはそのままです。
とても仕上がりが良いです。

レギュラーとスーパーがありますが
吸水力が異なります。

ぴちっとシートで吸水 キッチンシートで表面の水分を
吸い取り、ぴちっとシートで
挟みます。更にビニール袋やラップで包み
冷蔵庫で一晩寝かせます。
こんな感じで挟み込んで・・・ こんな感じで挟み込んで・・・
2晩吸水後 冷蔵庫で2晩置いて
良い感じに水分が抜けました。

焼き上がり

さっと、焼いて、完成です。
これは、オススメですよ。
他にもフライや煮物も美味しいみたいですが、またの機会に!!

『ぴちっとシート』に興味のある方は、↓下記をご参照下さいね。

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

9月 18

ABS秋田の番組『週間エビス堂』に、『菓子工房 芳徳庵』さんの秋田店の紹介がありました。

秋田店はオープンしたばかりで、まだ行ったことがありませんが、何やら秋田店限定品があるとか・・・

それが、こちら・・・・
『エビスいも』
エビスいも

限定と名の付くモノに弱い私、秋田で単身赴任の親父に頼んで、買ってきて貰いました。
番組でも紹介されていたように、甘すぎず、とても食べやすかったです。

本店には秋限定品もあるようで、これは制覇したところですね~

written by kiyokiyo \\ tags: ,

7月 10

日本海の幸がおいしい季節となってきました。
今回は、男鹿市北浦の『亀寿司食堂』さんへ行ってきました。

こちらの『亀寿司食堂』さんは、北浦漁港のちょうど裏側に位置し、旅館も営んでいます。
漁港から仕入れる新鮮なネタが自慢の寿司食堂です。

しかも夏と言えば、ウニと岩ガキです。そして、男鹿では欠かすことの出来ない、クロモ。
クロモとは、モズクのような海草ですが、ネバリがモズクの数十倍あり、きめが細かいのが特徴です。
市場では、珍しい海草のようですが、男鹿では自然保護のため、禁漁期間を設けていますし、解禁になっても、1日30分~1時間程度しか採ることができない貴重な海草です。

それらセットになった『おまかせコース¥3000』を頂きました。
素潜り漁が解禁になる6月からお願いできますが、私のおススメとしては、岩ガキのおいしい7月中旬~下旬がおススメです。

ウニとクロモ クロモのネバリ
生ウニとクロモの酢の物から・・・
このクロモのネバリがすごい!しかもシャキシャキしていて、食感が良いんです。

岩ガキ
岩ガキ登場。生で頂く岩ガキは、最高ですね。ビールが欲しいっす。

握り寿司とお味噌汁
そして、握りとお味噌汁です。この日は、ヒラメのお味噌汁で、出汁が最高でした。

とてもお得なコースでした。お腹いっぱいです。

お土産に、手作りのハタハタ飯寿司を買ってきました。
これがまた、ウマイ!!昔ながらの味と言いますか、変にいじっていなくて、旨いんです。
ハタハタ飯寿司

とても明るい女将さんが居て、県外からもお客さんの集まるお寿司屋さんです。
ちなみに、仕入れがあるので、予約をおススメします。

『亀寿司食堂・亀屋旅館』
〒010-0683 秋田県男鹿市北浦北浦字栄町4-3
TEL:0185-33-2049
URL:http://www.kamezusi.com/

秋田県男鹿市北浦北浦栄町4−3

非常に道が分かりにくいので、北浦漁港を目指して車を走らせた方が良いです。
お店からすぐの場所に駐車場があります。

 

written by kiyokiyo \\ tags: ,

7月 04

秋田市で有名なスウィーツのお店『パティスリー ドゥ フィーユ』です。

お友達に連れて行ってもらったのが最初でしたが、ケーキやパンなどなど、目移りしてしまうお店です。
フレンチっぽい感じがします。

そう言えば、フランスに行った時は、そんなに食べ歩きをしていないので、個人的なイメージですけど…(笑)

2階は、テラスのあるカフェとなっており、食事もできます。

個人的には、モンブランとタルト、カヌレが好きデス
ジュレ(ゼリー)も沢山種類があって、好きですね。フレッシュフルーツを使ったケーキの方が、ちょっとだけ安いですし、お腹にも軽いので、沢山種類を食べたい方には、オススメです。

こちらが外観です。とてもオシャレですね。お店の前の駐車場は、デリバリーのお客さん用です。

ドゥフィーユ

そして、ケーキ・・・ケーキ・・・ケーキ・・・・

ケーキ's

大好きなモンブラン ドゥフィーユ ケーキあれこれ

ドゥフィーユ ケーキあれこれ ドゥフィーユ ケーキあれこれ

アプリコットタルト と カヌレです。
アプリコット タルト カヌレ

とにかく、何度も足を運んで、制覇したいですね。
上品な甘さが、何とも言えないです。
今度は、パンも買ってみよう~

『パティスリー・ ドゥ・フィーユ』
〒010-0951 秋田県秋田市山王1丁目7-19
TEL:018-863-3522

秋田県秋田市山王1丁目7−19

written by kiyokiyo \\ tags: