10月 25

前々から気になっていた能代沖防波堤。
今回、渡るチャンスがやってきたので、会社の釣りクラブのいつものメンバー(Y氏、I氏、A氏)と同行しました。

事前情報では、南防波堤が非常に好調だと聞いていました。
(一日で50ハイとも60ハイとも・・・)
でも、個体数が多いと言うよりは、北防波堤より足場が低いから、当たりが取りやすいという事?との理由もあるとか
・・・

この人数で上がっちゃうと、スレちゃうし、釣れなかった時、移動もできないので、北防波堤の先端をお願いしました。
6時ちょっと前に港から出発。南防波堤には、既に12人くらいのエギンガーが・・・(゜▽゜*)
北防波堤で良かった・・・と思いつつ、防波堤上陸。

波はほとんどありませんが、風が北東で強い。内側は風でキャストが困難だったので、外側を狙いますが、右から左への強風に対して、潮の流れが左から右と言う最悪な状況です
。しかも流れが速い。
重めのエギに更に糸錘を巻いて、やっと底が取れる程度です。

水面上のラインは、左に大きく膨らんでいますが、水中はずーっと右へ流されている状況で、シャクっている途中で、根ズレによるライン切れで、3個のエギを立て続けにロスト
…orz
I氏も4個のロスト
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
A氏は




4ハイの釣果 (°д ゜)ハァ?

さすがは、A氏。いつも美味しいところを持って行きますね( ̄ー+ ̄)キラーン
彼の立ち位置が、丁度根掛かりポイントから外れているみたいで、底から良型を上げていました。

そんなハニースポットのA氏の隣にお邪魔して、取り敢えず、17cmを(σ・Д・)σゲッツ!!
(この時既に8時過ぎで、辛い2時間でした。)
待望の1ハイ
I氏も何とか2ハイを上げ、活性が上がってきたか?と思いきや、ほとんど続きません。

向かい風の内側も気になったので、ちょっとシャクってみると、1発目で来ました。

でも、続きません。
更に風が強くなり、今度は根掛かり…orz
風でラインが膨らんで、気付いていませんでしたが、根にPEラインが引っ掛かっていたみたいで、高切れです。

この状況は、仕方がないので、根掛かりの少ないA氏の近くで、潮に流されにくい3.0号に糸錘を巻いて、リトライ。
19cmを何とか1ハイを追加しましたが、その後も続かず。

たまに、回遊してきたやる気のないイカが、ぐいっとエギを持って行く程度。
(結局合わせられない・・・汗)

それでも、さすがはA氏、21cmの良型をヒット!!
堤防が高すぎ、タモを掛けてやっと上げました。
本日の良型(A氏)

I氏は、タコ仕掛けにチェンジし、マダコを狙いますが、これが好調?
ぽんぽんと6ハイのマダコを釣り上げました。
マダコ
餌のサンマは、フグにあっという間に骨だけになってしまい、ここで終了。

そんな好調なI氏を横目で見ながら、ナブラを見つけては、メタルジグをキャストしたり、ゆっくりと飯を食ったりと、気分はピクニック気分です。

やっとY氏にも待望の1ハイが上がり、何とか全員ボーズは免れました。

11時過ぎ。風が弱まり、日も差してきて、少し暖かくなりました。

防波堤の中腹(通称2番)あたりのエギンガーの数名が、ランガンをしながら、こちらへ来ました。
何様か知りませんが、無言でぴったり隣でキャストを開始。
せめて一言欲しいモノです。それに、隣でサイドキャストは怖いの止めて欲しいですね(#゜Д゜)
イラっとした気持ちを抑え、状況を伺うと『単発ばかり』との返答。

誰も内側を攻めていないので、ランガンを掛けました。
ここは底が砂地なので、底をがっちり取って、ゆっくりシャクります。
フォール中にラインがゆっくり張り、数時間ぶりに追加!
ちょっとやる気が出て来ました。
久しぶりのヒット
エギ王ナチュラルカラー+アゴリグが調子良いみたいです・・・

ちょっとずづ移動繰り返しながら、防波堤の中腹(通称2番)近くまで行きました。
途中、シャクリ途中でのってくることもあり、5ハイ追加。
追加~ 更に追加

更にその次も、シャクリ途中で、ガツンっと大きな衝撃。
ゆっくりと巻いてきますが、かなり引きます。これはイイサイズかも?と上がって来たのは…

これまたメタボな胴長21.5cm!!!
足場が低かったので、タモ無しで上げることが出来ましたが、ブーツに墨攻撃を喰らっちゃいましたwww
レコード更新21.5cm 胴長21.5cm

やりました、自己記録更新です。
( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

(帰宅後、計量したら550gでした。)
余談ですが、私は胴部の付け根の突起部分から先端までを計測しています。
色んな測定方法があると思うのですが、私の場合は大小関わらず、この測定方法です。


一度、先端に戻り、休憩して再開・・・・と思ったら、今度は南東の風が急に強くなり、ほとんど釣りにならない。

夜勤明けのA氏は昼寝中。
Y氏は、頑張ってシャクって、2ハイ追加。
I氏は、後片付け中。
ちなみに、I氏からマダコを2ハイ頂きました!!ありがとうございます。

私もゆっくりと片付け、15時帰港。結局9ハイで、効率は悪いです。
同船した落とし込みの黒鯛狙いの方は、ボーズだったみたいで、お土産にアオリイカを3ハイ差し上げました~
とっても喜んで貰えました。

他にエギンガーが同船していなかったので、状況は分かりませんが、中腹の方が調子が良かった模様。
南防波堤の情報は分かりませんが、爆釣と言うことでは無かった感じです。
五目釣りをするのには、楽しい場所ですね。ちょっと高さがあるので、タモは必要ですが、根魚や青物も狙うと楽しいかも知れません。

話は変わりますが、単身防波堤に上がって来たエギンガーが居ました。
I氏が釣れれば、I氏の近くへ。A氏が釣れれば、A氏の近くへ即座に移動。
私が内側のランガンで、良型を釣って戻ってくると、直ぐに内側へ移動していました。
更に、糸錘やアゴリグ良いよ!と話をしていると、速攻でアゴリグセット。

自分のスタイルがないのか?釣れる場所に集まる習性があるのか?
なかなか面白いエギンガーだなぁ~と。

それにしても、オカッパリでも渡船でも、無断で隣に入ってくる人はいるんですね。
一言声を掛けてくれれば、気持ちよく釣りができるのに、自分だけ好き勝手に釣りをしたいのか?と腹立たしいです。

折角、自己記録を更新したのに、最後は愚痴っぽくなってすみません。
気持ち的には、すんげー楽しかったんですけど、ちょっと言っておきたくて・・・・・www

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,