8月 01

1.5ヶ月に渡る監査の嵐も無事終わりまして、羽根を伸ばしたいと思います。

『休日にはボートを連れて』のとしけんさんに、お誘いを頂き、今年初のボートで真鯛狙い。
心配された天気も申し分なく、船酔いする私としては、嬉しい凪です。

5時くらいに出船。
一気にポイントへ。

そこで、としけんさん第1投目で、いきなりのヒット!
40cm弱の食べ頃サイズ。

『真鯛、いますねぇ~』なんて、言っていたら・・・2投目もゴンっと連続ヒットです。

魚探にはベイトが沢山写っていて、どうもその底から、ヒットしているよう・・・・

としけんさんは、更に60cmほどを追加して、余裕の朝食www

 

久しぶりのカブラから、新調したジグOWNERの激投ジグに変更して、着底してから、かなりゆっくりと巻き上げます。

OWNER激投ジグ

2回ほどアタリを乗せられずでしたが、ヒットパターンは見えた!!
そして、着底時に神経を集中していたら・・・・・

 

すっ っとロッドにテンションが掛かったので、ゆっくりと探りを入れながらフッキング!!
んで、ぎゅ~んと、ラインが走ります。

この引きは、間違いなく、真鯛。(・・・・と思いながら・・・・)

途中、何度か走られつつも、ゆっくりと巻き上げ、上がってきたのは・・・・

2016初真鯛52cm 52cmだよ

52cmの良型(⌒∇⌒)
としけんさん、〆て下さってありがとうございます~


 

これで、ボウズは免れたと肩の力も抜けます。

 

 

やぱりカブラで釣ってみたい・・・
と、ハヤブサの潮斬鯛玉に紅牙のスカートとネクタイ、フックの組み合わせ。

カブラ

で!!!
初ホウボウ(;゜ロ゜)


初ホウボウ

グエッグエッって鳴いていた(w

 

ほうぼうに足

しかも、立っているwww

陸奥湾で良く釣れるカナガシラと同じ、カサゴの仲間。
なんか、憎めない顔してるなぁ

 

 

 

底での反応が良い割に、うまく乗せられず仕舞いで、通り雨に遭い、一旦帰港。
んで、装備を整え、底物を狙いに、ちょっと移動。

 

としけんさん曰く、キジハタが釣れると言うので、根に気をつけて、第1投目でゴン!

カサゴ

27~28cmほどのカサゴ。
続いて、底でゴツゴツ言う割に、なかなかヒットしなかったけど

足裏真鯛

足裏サイズの真鯛~
更に続いて・・・・

 

キジハタ

キジハタ~

とリリースしてきましたが、楽しませて貰いました。

 

この日、やたらとライズがあり、釣り人としては気になるので、ちょっと小型のジグをキャストしてみましたが、全くチェイス無し。
いったい何だったんだろうか・・・

 

反応が薄くなったので、朝一のポイントへ移動。
ってか、風は無いし、アタリは無いし、太陽はじりじりと照って、耐えられないってことで、撤収。

夏は、早朝だけ釣りに行くに限りますね。

 

キッチリと下処理を終えて持ち帰った真鯛は、血合いも無く、楽に裁けました。
としけんさん、いつもありがとうございます。
カブトとカマ 半身

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , , ,

9月 27

8月から異動となり、トタバタとしておりました。
ゴルフは何回か行っていましたが、釣りに行く体力も無く、もんもんとしていましたが、今回は『休日にはボートを連れて』のとしけんさんにお誘いを受け、男鹿で真鯛を狙います。

本当であれば、アオリシーズンなのですが、今年はかなり不作の年のようで、準備だけして、様子見という感じ。

 

今年春に買ったNewロッドPALMS ELUA(パームスエルア)METAL WITCH MTGS-632Tをやっと使用できる良い機会。
何とか魂入れをしたいところ。

 

 

6時出向。
べた凪・晴天の中、ポイントへ一気に移動。

 

 

 

最初はカブラで狙いますが、青物らしき反応がぽつぽつ・・・・

一瞬、ラインが走りましたが、痛恨のバラし・・・・orz

としけんさんは、イナダを50cm程度、60cm程度と立て続けにヒット!
イナダ50cm イナダ60cm

なかなかのサイズですが、本命は真鯛!!

 

 

 

魚探には、良い反応があるのですが、どうも口を使ってくれない。

 

 

 

リグを25号に変更して、ケイムラ斑のスカートに変更して、かなりスローにリトリーブする。

 

 

底を切った直後
ギューンギューン
とイカパンチの様なあたり・・・

 

・・・を乗せられず・・・orz

 

 

中層まで巻き上げて、再度着底させ、スローリトリーブ・・・・

 

ギューンッ

 

と、ヒット!!!!

 

かなり強い引き。
NEWロッドが、一気に絞られます。

横から喰ってきた感じもあり、頭を振る感じは無いので、『青物?』と不安もありますが、巻いては走られを繰り返し・・・・
上層でも引くので、やっぱり青物かな~と不安もありましたが・・・
やっと上がってきた魚体は、ピンク~ヾ(*・ω・)ノ

真鯛60cm 真鯛60cm

しっぽの先までキッチリと入れると、60cm。

 

やっとの本命。
しかも、食べ頃サイズ~

 

このロッド、ファーストテーパの様な感覚でしたが、ヒットした時は、ものすごいレギュラーです。
十分にターゲットとやり取りできるしなやかさもあり、扱いやすい。
無事、魂を入れることができ、ミッション完了です(^^)

 

今回のリグは、ハヤブサ 無双専用テンヤ玉 潮斬鯛玉と紅牙のタイラバを使用。
今回使用のリグ
ヒットリグは、右側。

 

 

その後、風が強くなり、波が高くなり、大雨が降り、港付近に撤収~

 

 

少し雨が上がって、ちょっとだけアオリをやろうと言うことで、何の期待もせず、キャスとしていると・・・・
ボートの横をアオリらしき陰がすーっと、見えた
Σ(゚Д゚)エ?

 

アオリが居る?!

2~3回キャスとしたところで、ギューンギューンとイカパンチ!

・・・を乗せられず・・・・orz

ゲソだけゲットです。
エギ

 

その直後、としけんさんが、ヒット!!
としけんさんヒット
しかも、ベイトリールで・・・(汗

 

ここで、お互いスイッチが入るが、追加も姿を見ることも無く、撤収。

 

アオリを追加できなかったのは、痛いが、居ることが確認できて一安心。

 

 

帰宅後、早速真鯛を捌く。
今まで使っていた小出刃に加え、結構いい値段の出刃を購入していたので、こちらも入魂
出刃購入 厚み
左が購入した出刃。非常に厚みがあり、使い勝手が良さそうです。

 

切れ味も最高、カブト割りも比較的、楽ちんでした。
カブト割り 刺身とお吸い物

水温が高いので、まだ脂がのっていませんが、非常に美味!

 

 

 

次も良い釣りができたら、いいなぁ~

 

 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , ,

2月 04

自作の鯛カブラとか、シンカーの塗装は、液体のペイントを使用していましたが、ネット検索をしていたら・・・

とても良さげなペイントを

発見!(゜o゜;

Pro-Tec Powder Paint

Pro-Tec Powder Paint 
(パウダーペイント)という粉末です。

ジグヘッドの塗装に使用される他、車のホイールや、自転車のフレームなどに使用されている様です。

 

国内で取り扱っているところがほとんど無くて、個人輸入で購入しようかと考えましたが、何とか発見して通販しました。

購入したのは、グローピンク、グローイエローチャート、グローホワイト、オレンジ、写真にはありませんが、レッドです。

 

 

 

使い方は、とても簡単!!

シンカーや鯛カブラをライターなどで熱し、この粉を塗して・・・

 

Pro-Tec Powder Paint glow Pro-Tec Powder Paint yellow glow

 

 

また粉の上から熱するだけのお手軽操作。

完成!

 

 

 

塗膜もかなり厚く、固いので、コーティングも基本的には不要かもしれません。
といっても、この上にセルロースコーティングはする予定ですが・・・・

 

溶剤では無いので、揮発の心配は無いし
塗膜がとても厚いので、何度もディッピングする必要無し!!
さらに、ディッピングの際に、塗膜が溶けることも無い。

 

・・・と思ったら、セルロースディッピングで
塗膜が少し溶けるようです(;゜ロ゜)

 

 

自作カブラ UVライト

完成はこんな感じ・・・・
いい感じにUVライトでも発光しますが・・・・

 

コーティング前と比べると、ちょっとムラが目立つような・・・(汗
ディッピングするか、しないかは数をこなして考える必要がありそうです。

 

 

→ 後日の追記です。

セルロースコーティングとの相性は、悪いようです。

セルロースコーティングの溶剤の影響か、コートの内側で、パウダーペイントが固化しにくいことが判明。
硬いコートに下は、ぶよぶよ感があります。

そして、2日ほど乾燥させていましたが、セルロースコート内で、固化できず、ぶよぶよの塗料が内部から出て来てました(@@;)
ひでぶ~( ゚д.∵:・..状態です

ディッピングは失敗

セルロースコートとの相性は、完全にダメですね。

コートしないと、表面の艶がいまいちなので、パウダーを薄く、何回かに分けてペイントするようにした方が良い感じ。
なかなか、難しいものだ・・・

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

11月 01

今回も、『休日にはボートを連れて』のとしけんさんのトレーラブルボートに乗せて貰って、アオリ&真鯛を計画。

待ち合わせは、港に6時。
起きたのが・・・・5時?!

寝坊しました(滝汗

 

携帯の目覚ましを止め、2度寝してしまった・・・・

準備は昨晩しているので、着替えて車に乗り込み、出発。

 

 

約1時間遅れで、港へ到着。
としけんさん、申し訳なかったです
m(__)m

 

近くで待ってくれていたとしけんさんは、水深30m強のティップランで1ハイ釣ってきたそうな・・・

 

スタートはアオリ狙いで、20~30m付近を狙います。
風はややありますが、べた凪で、船酔いの心配な無いけど、ティップランにはちょっと不向きな状況。
写真 2014-11-01 7 18 29 写真 2014-11-01 7 16 40

 

 

あまり船が流れず、強制ティップランでもワタクシは乗せられず。
青物らしいあたりはありましたけど・・・(w
としけんさんが2ハイ。

 

 

 

 

風が無いので、更に移動して、風表のポイントへ。

 

そこで、やっとイカパンチ!!!
しかし、乗せられず・・・・orz

 

 

今年はイカパンチを全く合わせることができません~
誰か、アドバイスしてくださ~い

 

 

今回は、動きの悪くなるアゴリグをやめ、ティップラン用のシンカーを使っています。
何度か、イカパンチを乗せられず、苦い思いをしましたが、やっとモスっとヒット!

 

胴長14cmくらいかな?
とりあえず、ティップにあたりを感じて、聞き合わせ的にフッキングできました。

 

やっぱりエギの姿勢と、ラインの角度が重要っぽい。
10mくらいキャスティングして、底を取り、6~8回しゃくりを入れて、じーっと流す。

これで、もう1本追加。

追加のアオリ

やっとコツを掴めたかな?
と思っていましたが、またもイカパンチを乗せられず、とりあえず、アオリは終了。

 

としけんさんは、6ハイ釣っています。
イケス

 

 

沖の50~60mライン。
鯛カブラで真鯛を狙います。

結構、風が強く、船が流されるので、重めの68g。

反応が弱いので、少し移動した直後、着底して

ゴツゴツゴツっと、激しいあたり。

巻き合わせをしたら、ちょっと引いたけど、ばれちゃいました。
真鯛だったような、違う様な・・・・

 

 

その少し後、底を取った直後に、また激しいあたり。

今度は、大きくフッキングして、ファイト開始。

ギューンと、ラインが走り、止まらないっっっ

 

 

底から25mくらいまで、結構なやり取りがありましたが、その後は、あまり引かず、ゆっくりと巻き上げてくると、61cmのナイス食べ頃サイズの真鯛。

真鯛釣ったどー

61cm

 

久しぶりに、良い引きを味わえました。
このあたり方だと、さっきのバラシも真鯛ってのが濃いですね。
完全に、底べったりでした。

 

その後、しばし真鯛を狙いますが、波風が強い為、急遽撤収です。
港内は、凪で、としけんさんにエラ・内蔵を処置してもらいました。
感謝(^∧^)

真鯛処置後

 

今回の血抜きは「手鉤」を使ってくれました。
堅い真鯛に対して、かなり有効なツールなので、これは1本用意したいところです。

 

やっとティップランらしい釣りもできる様になったし、真鯛カブラもサマになってきたので、としけんさん~またよろしくお願いします~

 

 

 

 

綺麗に下処理の終えた真鯛は、お刺身・お吸い物・焼き魚となりました。
男鹿の真鯛って、陸奥湾より脂は少ないんだけど、甘みが強い気がします。
食卓

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , ,

9月 24

取引先の方、2名と、同僚4名で、併せて6名で、船真鯛釣りです。

 

心配された波ですが、大丈夫そうと言うことで、湯の尻より出船。
しかし、予想外に風が強く、ウネリが大きい。
ちなみに、ワタクシ、ウネリに弱く、酔います・・・orz

出船

 

最初、水深30mエリアで、狙います。
取引先の方は、天秤にイワムシを付けての餌釣り。
我々は、カブラやメタルジグで狙います。

 

 

餌釣りの2人は、塩焼きサイズの真鯛をぽつぽつと上げ、いきなり良いスタート。

 

流れがあまり無い様ですので、水深50m付近まで移動します。

60gのカブラでも底を取れる程度ですので、問題なさそうです。

 

あまりカブラやジギングをやるお客さんが乗らない船のようで、鯛カブラでも釣れるのかい?って雰囲気の中、底を取って、15mほど巻き上げたところで

 

ガガガッ

 

と前あたりがあり、さらに少し巻き上げたところで、ロッドが絞られます!!!

一気にフッキングして、ラインが走りました。

 

大体50~60cmの真鯛の引きです。

流れが船と反対側なので、けっこう巻き上げが大変でしたが、無事にキャッチ。

 

57cmのメタボ真鯛

真鯛57cm 真鯛57cmゲット

自作のカブラだったので、喜びは倍増~

 

その後、追加を狙いますが、全くアタリが無い。

同船者のY氏30cm、F氏50cm、K氏60cmを釣り上げますが、爆発力が無い。

 

 

 

10時過ぎ、岩礁地帯で、着底直後に

 

ガツン

 

とあたり!!!

 

真鯛っぽくないなぁ~と上がって来たのは・・・・

 

キジハタ
キジハタ

初めてお目に掛かる根魚です。

 

結局、ウネリが強く、無理もできないのでタイムアップ
予定していたタコは諦め、帰港です。
どんぶらこ

 

陸奥湾に慣れているせいか、この日本海のウネリは、けっこう厳しいものがありますが、今年は真鯛が好調の様なので、また機会があったら、狙ってみたいですね~

 

釣り上げた真鯛は、刺身、塩焼き、お吸い物に。
キジハタは煮付けにしました。
鯛の刺身 かぶと焼き

キジハタの煮付け

 

written by kiyokiyo \\ tags: , ,