10月 28

とうとうエギングシーズンも終盤。
個体数も少ない、スレ状況で、数を上げるには、条件の良い地磯に行くしか無い!!

・・・と言うことで、取引先のS氏と夜明け前に地磯で待ち合わせ。
予報では、10時くらいから南西の風が強くなり、波も高くなる。
勝負は夜明けから9時くらいと見た。

 

前日、20時頃に就寝したのですが、23時前に目が覚めて、そのまま眠れず、仕方が無いので出発。
3時に現場到着すると、先行者は無し。
これはラッキー。
Σ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

3時半くらいにS氏が到着し、真っ暗の崖を降り、ポイントへ入座。

新月なので、真っ暗です。
とりあえずエギをキャストしますが、全く反応無しです。

 

 

薄暗くなってきたところで、S氏に2本ヒット。
そのうち1本は20UP。

思った以上に風が強く、ラインスラッグを抑えるため、シンカーを追加。

 

丹念に底を攻めているつもりだが、反応が無い。
隣のS氏は、またも良型を追加。

 

7時前くらいに勢いよく追ってきた2匹のウチ1匹がヒット!
やっと1本上げました!!!

初ヒット

胴長は15cmくらい。
やる気があるので、一気に乗ってきました。

 

しばらく沈黙が続いてから、もう1本追加しましたが、これも手前の見えアオリ。

 

渋い・・・・
のは俺だけ?

S氏は、6本くらい上げている。
腕の違いもあるけど、サイズが小さいアオリばかりで、さらにスレているので、S氏は、2~2.5号のエギを使用。
私の3.0~3.5号だと、このスレたアオリはなかなか乗ってこないようだ。

 

ちなみに、3.0号より小さいエギは持ってきてません。
今後は、持ち歩くべきだなぁ

 

途中、S氏は、ランガンを掛けるべく、ちょっと移動。
しばらく3.0号オンリーで粘りますが、結局追加も無く、腰痛も厳しくなってきたので、撤収準備して、戻る途中で悲劇が・・・・

 

タックルをガツンと・・・・

 

 

セフィアのスプールにがっちりと傷が入ってしまいました。
これは、深い・・・
セフィア負傷

スプール交換に踏み切りますが、これは痛い・・・・

 

結局、9時過ぎに撤収で、S氏は10本。
ちなみに、後で聞いたのですが、その後、S氏は別の磯で、7本追加したとか・・・
やはり、腕の違いか・・・

 

帰りに、タコ狙いで港を2カ所ほど攻めてみましたが、工事船が停泊して作業をしていたせいか、全く反応無しです。

ん~このままエギング納竿するのは、結構厳しいが、どうしたもんか・・・
もう1回行きたいところもあるが・・・

…orz

 

・・・リベンジしちゃおうか・・・

 

 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , ,

9月 16

ずーっとゴルフばかりやっていました・・・と言っても、練習メインですけど・・・・

やっとアオリイカが釣れ始めたと言うので、いつものメンバー4名で戸賀港から渡船しました。
祝日だというのに、港の車は少なく、4年ぶりとなる『ねてげ』へ。

 

ねてげ1 ねてげ2

 

 

 

 

 

外海側で最初狙いますが・・・

 

 

 

まったく反応無し(T_T)

 

 

 

 

 

内側で、胴長10cm程度の新子が釣れたと言うので、移動。

2.5号のエギを使用して、狙いますが、乗らないっす。

 

 

ちょっと雰囲気を変えて、タコエギでタコを狙いますが、これも反応無しでした。

 

 

 

 

 

禁断の2.0号!!

 

ぐーふー
とりあえず、フグが掛かりました。
こいつらのせいで、アオリが寄ってこないんですが、これに諦めず、シャクっていると、エギを当てられたフグが、逃げていきますので、根気が大事。

 

 

そして・・・・・・

 

キタ━(゚∀゚)━!

今年初のアオリ

胴長11cmです。

 

その後も、ネチネチと近くへ寄ってくる新子をゲット。
たまに沖目からやる気のあるやつが出てきたり・・・と、楽しませて貰いました。

アオリ1 アオリ2

 

 

 

 

結局、終了の14時で5ハイ。

渋めですが、今年の初エギングなので、楽しかった~

 

 

他の島では、2人で40ハイくらいだっとの情報もありますが、サイズは同じくらい。

さて、来週はどこへ行こうかな~

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

11月 18

 

 

11月とは思えないほど暖かいこの日。
昨日の釣れなかったフラストレーションを抑えきれず、午後から車を走らせ、男鹿へ。

 

色々悩みながら、向かった先はK漁港。

 

今回もタコエギを使ってのキャスティングで狙います。

 

海水は澄み切って、結構良い状況ですが、どうも反応が良くない。
外海から内側まで一通り回ってみますが、やはり反応が無い。

 

大体、タコがヒットするパターンは、ゴロタや砂地よりも、砂利があるエリアの前後が多いので、沖目の砂利地帯をゆっくりとズル引き。

少しずつ、ラインに重みが増し
「これは、来てるな?!」

 

モスっ

 

 

 

キタ━━(゚∀゚)━━!!

 

タコヒット!

 

小さいながらも、まずは嬉しい1本。

最近、狙い所も、アタリも取れるようになってきた感じです。

 

 

その後・・・・・

 

 

1時間反応無しで、撤収!!

 

 

これにて今シーズンは、納竿予定なんですが、もし暖かい日があったら、また狙いに行きたいなぁ~

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

11月 04

 

連休最終日、陸奥湾真鯛に行く予定でしたが、船頭さんから「時化になる」と連絡があり、痛恨の中止連絡。

このまま、モンモンと過ごすのも、嫌なので、いつものY氏、I氏とタコ狙いで男鹿へ。

 

6時、H漁港へ到着。
防波堤先端で、エギンガーが数名。
1名は、マズメで結構釣れたとのことでしたが、それ以外はダメの様。

 

Y氏、I氏はタコテンヤ、私はオクトパッシングと言うか、タコングというか、タコエギをキャスティングする釣り方です。

 

 

根掛かりが多い場所なので、防波堤際をゆっくりとズル引き・・・・

 

黒い物体が近づいてきて、タコエギが見えなくなった・・・・

 

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

 

と、横に逸れて、空中でタコがドボン!!!

 

 

 

(゚◇゚)ガーン
バラしたぁぁぁぁぁ~orz


 

 

ケーソンの隙間に逃げたタコは、何度アピールしても、出てきません。

 

仕方なく、同じラインを通して、ズル引きしていると・・・・・

 

 

またしても、同じ場所で、エギが消えた!!!!!

 

キタ━(゚∀゚)━!

 

 

ってことで、今度は慎重にごぼう抜き!!

 

多分、さっきバラしたタコ。
今期初ダコ

まずまずのサイズで、ボーズ脱出。

 

ちなみに、離れたところにいたY氏もI氏もヒットしてました。

 

 

しばしあっちへ行ったり、こっちへ行ったりしましたが、反応が無いので、小さな防波堤へ移動。

こちらは、昨年は好調でしたが、反応無し。

 

キャスティングの機動力をいかして、船のスロープ側を狙います。
どうも、タコは砂地よりは、大きめの砂利が良い様で、ゴツゴツとした底を狙って行きます。

 

ず~るず~ると引いていると、ズシっと重くなり、思い切り合わせを入れると、空き缶を抱いたタコヒット!!
本日2本目

ちょっと小さめですが、嬉しい追加。
ここで、場所を変更。

 

10時過ぎ、K漁港へ到着。
防波堤先端付近に先行者が居て、バスロットらしいタックルで、キャスティングでタコ3連チャン。
これは、期待が持てそう・・・・

 

 

・・・・釣れねぇ~っす!

 

 

水の感じは適度に澄んでいて、流れもそこそこ。
風はだんだん強くなっていますが、コンディションは悪くない。

もしかしたら、朝一叩かれすぎたか?!

 

 

と11時過ぎ、港の内側のやはり砂利底を過ぎたアタリで、ズル引き中に抵抗が掛かった。

「これは、来てるな~」と思った直後、ズシっと重みがあり、すかさず合わせる。

 

結構重い。
と思ったら、流れに逆らっていた様で、かなり小さめ(笑)
本日3本目

 

その後、粘りますが追加ならずで撤収~
ちなみに、強風&ウネリで、大荒れ。
恐らく、陸奥湾で出船していたら、9時か10時には早上がりしていただろう。

 

やぱりキャスティングでタコを狙うのは、楽しい。
しかも、他の人が攻めていない場所を狙う事ができる。
ソルパラは、1kg前後は、余裕で上げられる強度があるし、リーズナブル。

 

海で下処理してきたので、片栗粉でヌメリを取り、さっと下茹で。
ゆでダコ×3

今回は、カルパッチョ風に仕上げてみます。
エクストラバージンオリーブオイルとワサビ、岩塩、レモン汁とレモンの皮、乾燥バジルと胡椒を混ぜたもので、しばし漬け込みます。
ソース カルパッチョ風

隠し味に醤油数滴と、老酒で臭み消し。
これが、すばらしくタコに合う。はまりそう~

 

他のタコは、ワサビ醤油と燻製の仕込み。
日程的には、陸奥湾真鯛が2週連続ですが、この不純な天候で、どうなるか・・・?
タコは、昨年当たり年だったようですが、今年はイマイチの様です。
もう1回、行けるかどうかなぁ~

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

12月 02

ニュースでは、ハタハタ漁が始まったと紹介され、秋田にも本格的な冬が到来。

例年、12月まで釣りをするのは、とても珍しいのですが、タコ釣りが楽しくて、今回、納竿を兼ねて、出撃です。

男鹿は、漁師が忙しく働いていると思ったので、漁港へ近づくのも迷惑かと思いましたので、能代へ行こうと、昼過ぎ、車を走らせていました。

良い天気

非常に良い天気で、もう少し早く起きていくべきだったと、ちょっと後悔しました。

途中、釣具屋へ寄って、小物を買い物。

店員さんに『能代でタコってまだ上がっていますか?』と問うと

『能代で、タコ上がった話は聞かないですけど、岩館なら、上がっているみたいですよ』と。

急遽、岩館へ変更です(爆

しかし、途中の天候が・・・・大吹雪(゚Д゚;)

大吹雪

取りあえず、2時くらいに岩館到着。

予想外の強風の中、釣りをしている人が6名ほど。

早速、タコエギをキャスト。
追い風なので、結構飛びますね。
ゴロタが多いかと思いきや、結構砂地が多い感じ。

港の中は、静か。

2キャスト目。中腹の駆け上がりで、何となく、抵抗を感じました。

ハッキリしないけど、タコが追って、手を伸ばしている感じなので、少し注意しながら、ズル引きしていました。

・・・・のそ

っと、アタリがあったので、迷いながらもフッキング。

この重みは、タコっぽい。海草だとすれば、結構恥ずかしいくらいの釣り人ギャラリーです。

ロッドのしなり具合をみて、他の釣り人が『タモ!!』『タモ!!』と叫んでいましたが、これくらいのサイズであれば、問題無く、抜けるので、よいしょっと上げてみると・・・・

1.2キロの良型っす

ど~ん と1.2キロの良型でした。

ギャラリーが集まってきて、ちょっと照れくさかったです(*^_^*)

ちなみに、朝は15人くらいのタコ釣り師が居たようですが、ほとんど釣れていなかったようです。

その後は、根掛かり1回で、ロストして、ランガンを掛けようかと思ったのですが、吹雪が増ばかりで、とても釣りをしている状況ではありません。

撤収です…orz


もう少し、暖かければ、ぐるっと港周りを一周して、追加出来たかも知れませんが、この寒さには、耐えられません。

残念ですが、今シーズンは、これにて納竿!!乙。

吹雪の中。

ちなみに、今回のタコ、片栗粉でヌメリ取りをしてみましたが、すごくイイです。

塩で揉むと、取り残しがあるのですが、片栗粉ですと、取り残し箇所が分かりますし、結構楽です。

これは、オススメですね。

ヌメリ取り後

さらに、足2本は、カルパッチョで頂き、他は、干し蛸に挑戦。

できばえが、非常に気になるところです。

マダコのカルパッチョ(和風) 干し蛸開始

10月に、天候が悪い土日が続いた時は、どうなるかと思いましたが、終盤は、真鯛と蛸で楽しい釣行になりました。

蛸は、ボーズ率0%でしたからねぇ~当たり年に始められて、良かったです。
これから、来シーズンまで、陸釣りをがんばります(笑

written by kiyokiyo \\ tags: , ,