10月 23

Golfの前日はなるべく体力を使わないようにしていたのですが、天気が良さそうだったのでタコを狙いたくて、夜明け前に男鹿まで走りました。

■タックル
Rod:メジャークラフト ソルパラ SPS-S70H/Taco
Reel:シマノ 11エルフC5000PG
Main-Line:バークレイ スーパーファイヤーライン3.0号
Leader:Fluorocarbon 5.0号



とある漁協にはずらっとエギンガーが並んでいます。
ほとんど釣れていないようで、ちょっと「足元いいですか?」と話しかけることもできず、離れたところで防波堤直下を狙っていますが反応無し。

ちょっとお話しできた方曰く「サイズアップを狙ってきたけどコロッケサイズしか上がらない」とのこと。
アオリを狙いたい気持ちを抑えつつ、ちょっと人の居ない場所を狙います。

駆け上がりでズシっと重みを感じて、小さいながらも2本タコゲット!!


8時半、その後は反応が無くて、ちょっと日が高くなったけど他の漁港へ移動。
混んでいるかと思われた漁港は全く人が居ない・・・・

いつも釣り上げるかけ上がりを狙っていると、ズシっとテンションが掛かったので、思いっきりフッキング。
良型が上がってきました\(^O^)/


同じラインの駆け上がりを狙いますが、追加ならず。
後で漁港へ来た他のたこ狙いの方と雑談で盛り上がる。
ちょうど入れ替わりで先の漁港に入ったみたいで、小さいサイズをリリース。
ここの漁港でも足元で小さいサイズをリリースしたとかで、サイズに不満と言うことでした。
10時撤収~♪

先週は良型が上がっていたので、ちょっと叩かれ過ぎたのかも・・・
もう少し大きくなった頃に再度挑戦しようかな~

船釣りは11月上旬までアオリを狙える様な話もあり、ちょっと気になるところ・・・

タコは片栗粉でヌメリを取って、たこ刺しとたこ焼きとマリネに。
レモン+オリーブ+わさび醤油がとっても( ゚Д゚)ウマー





 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

10月 14

台風で10月3連休は釣りに行けず仕舞い(結局、連休初日は台風の影響が無かったが・・・)でしたが、リベンジの為にまたまた出撃。ロッドは修理中なのでお古のトリプルクロスを持ち出しました。

加茂から渡船→戸賀近くのとある島へ。メンバーは前回同様A氏とI氏と私の3名。
結構ウネリが残っていますが、風は背から受けていますので釣りに影響は無さそう。

リアルカラーの釣行が良いと聞いていたので、エギ王のリアルカラーメインで攻めます。

■メインタックル
Rod:ゼナック アソートガホウジン AG-86(RG) Parabolic
Reel:シマノ 08セフィアCI4 C3000SDH
Main-Line:VARIVASアバニ エギングPE マックスパワー0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号



■サブタックル
Rod:メジャークラフト トリプルクロス TC-862E
Reel:シマノ 13セフィアBB C3000SDH
Main-Line:VARIVASアバニ エギングPE マックスパワー0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

夜明けまでイカパンチがひとつ。
突然の事で全くのせられず・・・

辺りが明るくなってきた頃、底から4~5回シャクってラインテンションが無くなったところで
キタ━(゚∀゚)━!
今年度待望の1本!!!!

エギ王Q(キビナゴ)3.0号(今は廃盤)
胴長12cmで小さいけど、嬉しいぃ~
横抱きしているので、複数居たか、警戒心が働いていたか・・・

ヘッドライトが不要になる程度の明るさの中、またしてもイカパンチ。
すかさずロッドを寝かせてラインを送るが、ドラグからジィーと強烈にラインが出ます。
あわわわわ・・・・と焦ったところで、フっとラインテンションが無くなり、バレたぁ~
すかさず、しゃくりを入れ追い食いを誘うが、乗らず・・・・・

・・・と思ったら、急にゴンっとアタリ!!!!
すかさずフッキングを入れると、ずしっと重い。
ばらさないように丁寧に巻き上げますが、波の影響もあり重い。

やっと上げたヤツは胴長20cmの良型。

エギ王Q(マイワシ)3.5号(今は廃盤)
記念撮影をしている場合じゃなかった。
おそらく番い(つがい)であったと推測され最初にバレた後にパートナーがのって来た可能性が高い。
久しぶりのことですっかり忘れていました。

追加を狙いますが、何か青物らしきアタリがあり、アオリは姿も見えず。
ふと遠くに目をやると、バシバシと何かをヒットしているルアーマンが・・・
イナダ入れ食いのようです。こりゃ釣れないだろう。
アタリの正体はこいつらか~

サヨリの回遊がずーっと途切れないまま、明るくなり、風が強くなり、潮が早くなり、濁りがきつくなり・・・・
10時過ぎ撤収。
沖向きのI氏3ハイ、岸向きのA氏7ハイ。私2ハイ。

帰りの船で同席した方々も釣れないと言うことで、やはり渋いんだろうか。
釣れている人はひと島20ハイとか聞きますけど。スレているんだろうか。

 

 

気分を変えて帰りにオクトパッシング。
とある漁港に到着すると、2キロサイズのマダコを釣り上げている人に遭遇。
他にも1キロ弱を釣っている人も。
これは調子が良いのかな?と、タコエギ+タコベイトでズル引き。

いつもヒットするポイントで、ズシっと重みを感じたのでフッキングすると重い!!!
上がってきたのは申し訳ない程度の小ぶりなマダコ。
大きな石を抱いてたので重かっただけ(笑)


初物なので申し訳ないけど持ち帰り。
その後は追加無く、撤収~
釣果は今ひとつでしたが何とか狙った獲物が釣れたのでまずヨシとしよう。

マダコはおいしく頂きました。
エギングはこれで終了かな。
もう1回くらいタコを狙いにいこうかなぁ

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

10月 11

先日、磯で転んでからフットウェアの情報を集めていました。

ジオロック替えソールとして、ピンスパイクを持っていましたが、今回転んだ平らな岩肌ではスパイクの方が逆に滑る事が分かり、フェルト系の替えソールを購入しようと物色していましたが、結構高額(;゜ロ゜)

ブーツも使用して10年近くなるし、本体のヒビ割れも目立ってきたので、ソールの差額分を考えて、思い切って新調しました。

ジオロック・カットラバーピンフェルトブーツ・リミテッドプロの
ワイドタイプ(FB-152P)です。


以下、Shimanoのホームページより抜粋
●耐滑性を発揮するフェルトソールに、耐滑性合成ゴムと高硬度ステンレスピンを埋め込みグリップ力と耐久性が向上
●フェルトに波型カット溝を施し、屈曲性と耐滑性を発揮
●ピンのぐらつきを抑えるEVA圧着製法
●磯場でのグリップ力と、渡船時の船上での優れた耐滑性

ってことで、少し重量はありますが、渡船での沖磯メインで使用するには良さげです。
ちなみにホームページ上ではちょっと分かりにくい仕様だったので、シマノへ直接問い合わせて決めました。



足幅あるので、ちょっと大きめのLLサイズとし、インナーソールで調整。
ソールに厚みがありフェルトが圧力を分散してくれそうなので、ちょっと期待です。

今まで使用していたブーツにはラジアルソールを付け替えて、船用とします。
さて持っている予備のスパイクソールは売却するか、所持しておくか・・・

written by kiyokiyo \\ tags: , ,