9月 22

会社の釣り倶楽部の後期総会を兼ねて、BBQを企画していました。

場所は、『大館市公園デイ・キャンプ場』。大館市の管理する長木川の河川緑地です。

部員の知り合いのツテで、申請を行い、心配された天気も良好でした。

BBQ道具を車に積み込み、いざ大館市へ・・・
キャンプ道具

現場に着くと、豪勢なテントがありましたが、我々の仲間のでは無く、他のグループでしたwww
総勢18名。まずは、設置&木炭の火入れ。
駐車場より

鮎釣りをやる部員から、天然鮎が50匹近く、差し入られました。
串入れ

これを豪快に塩焼き。非常に時間がかかる作業です。
鮎塩焼き中

ワタクシはと言いますと、『BBQ≠焼き肉』 のポリシーがありますので、とにかく料理です。

本日のお品書きは・・・・
・魚介のグリル(ホタテ、エビ、アオリイカの一夜干し←自作。)
・能代B級グルメの豚なんこつ
・江戸時代の居酒屋メニュー「竹虎」をアレンジした、味噌田楽
・もつ煮込み
・横手風焼きそば

グリル もつ

とまあ、写真を撮り忘れていますが、皆さんにもご好評頂き、楽しい一日となりました。

鮎の塩焼き

今年初の天然鮎に舌鼓。腹一杯頂きました。

夕日

夕日を見ながら、解散。
秋は、遊ぶにはもってこいの季節です。もう少し、時間が欲しい~

ps.ちなみに、この日は車ですので、ノンアルコールビールでしたwww

『大館市公園デイ・キャンプ場』は↓です。水道・トイレもあり、非常に快適ですよ。(無料です。)

40.277713,140.567032

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

10月 12

この日はリンク先の『休日にはボートを連れて』のとしけんさんより、お誘いを受け、初のボートエギングです。

心配された天気ですが、晴れてはいるのですが、前日からの強風から、ウネリが残り港内での釣りになりました。
見た目よりも、ウネリが残っていますので、船酔いしやすい私には、下を見続けることができないwww
港内より

肝心のアオリイカなんですが・・・・・

姿がない(;゚ロ゚)!!

一度、3ハイくらいのアオリイカが、私のエギを追ってきているところが見えて、最高にテンションがあがったあと、やっと1本がヒット!!
ぐいぐいとラインが持って行かれ、さらにラインを送ってからのフッキングでしたが、胴長約15cmくらいかな?
うねっていますんで、下を見れないんです(爆)
イケスのアオリ

ウネリの強い外海へ移動するも、これまた不発・・・・
ウネリの日本海
見た目以上にウネリと波が強くて、ちょっとビビりました(汗

結局、港内へ引き返すも、アオリの姿を確認することが出来ず・・・でした。

釣果は芳しくないモノの、船上で色んな話をしながら、楽しい時間を過ごせました。
としけんさん、ありがとうございます!!<またよろしくお願い致します。




続く、次の日ですが、『エギング初挑戦』と言う女の子を連れ、防波堤へ。
(これをデートと呼ぶかは、人それぞれですが・・・www)

エギンガーは2~3名。例年の連休としては、あまりにも数が少ない状況です。
先日の釣行時に比べ、墨跡が6個くらい増えていましたが、釣れていないんだね~って感じです。

結果、2人で3時間ほどシャクって、姿を見ることが出来ず仕舞い。

ランチタイムと言うことで、男鹿桜島リゾート「きららか」の野営場へ移動。
車の乗り入れが出来ないので、備え付けのリアカーにテーブルやら、荷物を積み込んで、いざ野営場へ。

カセットコンロと七輪で、先日ストックしているアオリイカを使った『満天 青空レスト○ン』

最初は、アオリイカのフリッターです。オニオンリングも一緒に揚げます。
アオリイカ揚げ物

七輪の目を離した隙に、木炭が消えていました。ちゃんと火が付いていなかった模様。
急遽、松ぼっくりを拾って、火種にします。松ぼっくりは、それ自体が燃料になりますので、利便性アリです。

続いては、アオリイカとエビ、トマト、パプリカ、自家製バジルの塩漬けで、アクアパッツァ
アオリイカのアクアパッツァ

簡単に言えば、煮込みですけど、これが予想以上に良い味で、即席スパゲティに入れました。

他には、アオリイカの刺身、大葉とミョウガ和えと、能代のB級グルメ「豚なんこつ」串焼きを用意。
ランチメニュー

食事中に、七輪の中に『金時芋』を投入して、焼いておきます。
七輪 金時芋のデザート
スウィートポテトのように甘いデザートになりました。

釣りも良いけど、野外の料理も楽しいモノです。
車でしたので、ノンアルコールビールでしたが、普通のビールだったら、最高だったと思います。

ちなみに帰宅後、アクアパッツァに入れる予定だった、ブラックオリーブを冷蔵庫に忘れていたことに気づきましたwww

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,