9月 29

エギングシーズンがやってきました。
先の3連休の男鹿はかなり好調&エギンガーでごった返したと聞きましたが、ゴルフや親戚の結婚式があり出られず仕舞いでした。

やっと予定が空いたので夜明け前に加茂から出船。
メンバーはA氏とI氏と私の3名。
水深20mくらいまでありそうなとある沖磯へ。

ちょっと濁りがあり、当て潮なのが気になりますが、シャローから攻めます。

今回のタックルは・・・・

■メインタックル
Rod:ゼナック アソートエスペルト 86アキュラ (LCSGモデル)
Reel:シマノ 13セフィアBB C3000SDH
Main-Line:VARIVASアバニ エギングPE マックスパワー0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

■サブタックル
Rod:ゼナック アソートガホウジン AG-86(RG) Parabolic
Reel:シマノ 08セフィアCI4 C3000SDH
Main-Line:VARIVASアバニ エギングPE マックスパワー0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

程なくして、A氏が胴長20cm弱の良型を含め2ハイゲット。

気持ちが沸き立ちます・・・

・・・・が!!!!

まったく反応無し。
そのまま夜明けを迎え、あっという間に7時。


一番釣れるだろうと思われる時間帯に釣れないと言う・・・

そして沖島をあっちこっち歩いていたら、ズルっと滑って思いっきり尻餅。
パキーン!!!

と・・・ロッドが粉砕・・・orz

そしてココロも折れる・・・・

まあ、大きな怪我や転落にならなかったことを幸運と思うしか無い。
しっかりヒップガードを付けていて良かったです。

8時頃、島替え。
朝、同じく出船した他の釣り人に話を聞くと、ほとんどが0~1ハイと言うこと。
かなり渋いようだ。

今度はやや浅めの島。起伏が少ないので転ぶ心配は無さそう。


結果から申し上げますが
結局イカゲットならず。
姿も見てません。

(A氏は小さいながらも追加あり。)
みんなでどこかに旅行に行ったんでしょうね。多分・・・


 

12時撤収~
濁りが悪いのか、潮が悪いのかさっぱり分かりません。
こんなに渋いのは初めてかもしれない・・・

 

 

夜に地磯で2桁釣れたという話も聞きましたが、全体的に今シーズンは渋いと言う。
爆釣しているような情報もあるが、ほんの一部で、昨年よりも厳しいようだ。

 

 

 

ネタが無いので、散財グッズのご紹介。

mazumeレッドムーンライフジャケットV
(新色ブラックライム)

渡船や磯ではなるべく手荷物を少なくする必要があったので、収納力が高くて機能性のあるライフジャケットを検索して、ここにたどり着きました。
ウェイディング用に開発されているだけに、無駄が少なく機能的で、更に動きやすいのが売り。
内面にフィットするベルトがあり、股紐が無いのもとても良いです。

背面のバックポケットは使用するか分かりませんが、あって損は無し。


実際に使用してみましたが、ロッドをしゃくるのにちょっとポケットが邪魔に感じることもありますが、慣れれば問題なし。
内側のベルトが腰をサポートしてくれるので、結構重さを感じず楽です。
これは良い買い物をした!!
ショアジギングでも活躍してくれるでしょう。

 

ちなみに折れたロッドを保険で修理しようか、新しいロッドを買おうか悩みどころ。
ゼナック アソートエスペルトはラインナップから無くなっているので、修理も微妙ですが。

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , ,