11月 18

 

10月末から予約していた陸奥湾真鯛釣行ですが、流れに流れ・・・・orz
大人気で予約が取れない『鯛神楽』さんを半年前に取っていましたが、この日は何とか天候は良さそう。

7時、浦島マリーンへ到着すると、べた凪です(≧∀≦)

これは、釣りやすそうで、期待が持てる。
と言うのも、先日、ウチの会社のメンバーが、こちらの船でかなり良い思い(MAX82cm)をしたようで・・・
目標は、50cmを3枚。(大物よりも食べ頃を狙いたい。)

 

今回のメンバーは、会社の釣り倶楽部のY氏、M氏。そしていつもご一緒するI氏。
真鯛釣りは初めてと言う、N田氏の5名で、乗合です。

 

朝一のポイントは40mライン。
一つテンヤに、エビをセットして、投入しますが・・・・ほとんど口を使ってこない。
ほとんどアタリがありません。

ちなみに、N田氏は、イソメですが、そこそこ餌取にやられているので、自分もイソメへチェンジ。

 

コンコン・・・ぐぐっ
っと引ったくられるのですが、乗らない。
良いタイミングでフッキングも入れますが、まず乗らない。

 

そんな中、N田氏は、小さいながらも真鯛を連続ゲット!!
N田氏、初ヒット!!

次いで真鯛

サイズアップ

 

恐るべし、ビギナーズラック(w

 

あまりにも乗りが悪いので、たまらず船頭さんも竿を出します。

でも、引ったくられるアタリがあっても、やはり乗らない。
ってことで、場所を移動です。

 

移動中~

 

水深50mライン。
結構、ボートが浮いています。
そこそこ反応もあるようですが、地合はちょっと過ぎ去った感じです。

 

ここでも、アタリはあるのですが、まず乗らない。
エビには全く反応無しと言う非常に厳しい状況。

 

ここでも、N田氏、ビギナーズラック全開(w
本日4本目

 

昼過ぎ、M氏のロッドが一気に引き込まれ、良い感じでロッドがしなります。
なかなか上がってこないので、皆の期待が高まりますが、ドラグが緩かっただけ(爆
M氏 61cm

やっと、真鯛らしい真鯛があがり、テンションは一気に上がります!!!

 

 

・・・が、後が続かず・・・・

 

船頭さんのご厚意で、時間を延長して頂きましたが、まず、乗らない。

 

 

 

『ラスト10分』

 

 

 

と言うので、ダメ元で、テンヤにエビをセットして、集中して狙います。

 

2、3回シャクリを入れ、底を取った直後

ギュン っとロッドが引き込まれます。

間一髪、合わせを入れると、真鯛特有の走りを見せます。

 

ロッドも良い感じに弧を描きますが、50cmは無い感じ。
姿を見せたのは、食べ頃42cmの綺麗な真鯛。

やっと真鯛42cm

 

遠近法で、大きく見せていますが・・・(笑)

ちなみに、ヒットしたのは、オーシャンルーラ(釣研)のひとつぶらぶら6号。
針の部分がフレキシブルに動くため、狙う棚まで一気に沈めることができますし、針が丈夫で、エビがずれないようにフックもついています。
ひとつぶらぶら ひとつぶらぶら

 

これで、撤収。
取りあえず、陸奥湾でのボーズは、ここ2年は無しです。

 

 

結局、N田氏は手のひら~足裏サイズを5本、M氏61cm1本。
私、42cm1本という非常に厳しい状況でした。

 

港へ戻ると、釣れていた船は、結構良い釣果を出しており、明暗がハッキリと分かれた日だったようです。
結果は去ることながら、いつも丁寧な対応をして頂く鯛神楽さんに、感謝。
また、来年もよろしくお願い致します。

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , , ,

7月 24

 

やっぱり尺メバルが釣りたい!!!

ってことで、またまたやってきました「船川沖堤」です。
今回も、『浩進丸』さんに渡船を依頼しました。


 

最初に、お詫び致します。非常に楽しい釣行ではあったのですが、嫌なこともありました。
その辺については、ちょっと愚痴っぽいレポートになりますが、どうかご勘弁下さい。
実際、久しぶりに気分の悪い思いをしました。
みんなの釣り場なので、最低限モラルは守るべきかと考えますので・・・


 

では、レポートに戻ります。
この時期的に、真鯛も狙えそうなので、2号、3号、4号のひとつテンヤも用意しました。

今回は、Y氏、I氏、取引先のS氏と私の4名です。

16時、男鹿マリーナを出港して、沖堤へ。先端には、すでに4名の先行者が陣取っていました。
内側の2名は、ウキフカセっぽい感じ。もう2名は???投げ竿4~5本を立てて、ルアーをやっている感じ。
自分たちは、中腹へ降ろしてもらい、ゆっくりと準備。

 s-P1000315 s-P1000314

ちょっと釣りブログっぽく、タックルを紹介。
■ひとつテンヤ:
 Rod/テンリュウ Red Flip RF762S-L
 Reel/シマノ EXSENCR BB4000S
 Line/ラパラ RAPINOVA-X マルチゲーム0.8号 200m

■メバリング:
Rod/ヤマガブランクス BlueCurrent72/C
Reel/シマノ ULTEGRA C3000SDH
Line/ラパラ RAPINOVA-X マルチゲーム0.6号 200m


です。
テンリュウのロッドは、そもそも船用ですが、卸立てだったので、使ってみたくて、持ってきました。

 

最初は、外側の駆け上がり付近をひとつテンヤに花エビを付けて、真鯛を狙っていたのですが、根掛かりが強烈です。
ワンキャスト&ワン根掛かり…orz って感じ。

 

しばらくして、船川の釣具屋さん「海風」の船が接岸して、6~7名の釣り人が上がり、先端内側の2名が帰ったので、空いた場所へ入ろうかと、荷物を持って、てくてく歩いて行くと・・・・・こちらの動きを察してか、内側に投げ竿を置かれ、完全にブロックされてしまいました・・・(゚◇゚)ガーン

仕方が無いので、彼らから離れた外側に陣取りました。ここなら、根掛かりが少ないはずです。

先端の様子
ちなみに若者2名が、完全に先端を占領。
ここまでやるか?普通??とちょっと気分は良く無いです。

 

潮の流れが、先端から秋田市側へ流れているので、テンヤをこの流れに乗せたかったのですが、場所をここまで抑えられては、仕方が無いので、外側の駆け上がりを狙っていました。
たまに、カタクチイワシの群れが湧いてきますが、反応無しです。

 

19時過ぎ、辺りが薄暗くなってきて、駆け上がりを早巻きしていると、ガンっとヒット!!!

結構、良い引きで、上がって来たのは、良型のカサゴ。
カサゴ25cm
結構、浮いていた感じでしたので、地合が来たかな?と期待度は上がります。

 

 

 

しばしして、また、ゴンとヒット!! 今度も結構良い引きです。

でも、なかなか上がって来ません。ものすごく重いです。
これは、真鯛かな?と頭が過ぎり、近くにいたI氏にサポートを要請しましたが・・・・・・

 

 

 ・

 

 ・

 

 ・

 

・・・オマツリ してました(>_<)

 

あがってこないはずです、相手も引いているのですから!

25cm弱のメバルはヒットしていましたけど。

 

 

こちらの仕掛けを切り、相手のラインを開放。ちょっと納得がいきませんが、「すみません」と一声掛けました。

 

その直後・・・・・「痛!!」と背中に痛みが?!

 

オマツリ相手の仕掛けが背中に掛かり・・・ベルトに刺さりました。

ワザとでは無いと思いますが、この暗い中、リグをぶらぶらと下げたまま、引き返そうとして、私の背中に引っかけたようです。

 

さすがに、頭に来たのですが、ここで、喧嘩しても仕方が無い。
しかも、刺さっている箇所が見えないので、相手に外してもらって、更に離れました。
実は、彼ら、こちらがカサゴqおヒットした時に、急に近くに寄って来て、同じ方向にキャストし始めました。
あれだけ、先端を占領しているのに、こちらが釣れているからって、近づくなんて、ちょっとモラルが無い感じ。

 

 

男鹿フェスタの花火も上がり、しばし気分転換。
花火

 

ちなみに近くのI氏の状況を見ると・・・・

I氏釣果

 

大漁!!!(@_@;)

 

I氏は、ブラーにイソメを付け、着底後、ゆっくりと巻き上げ、中層でヒットしているようです。

やっぱり中層か?! とひとつテンヤをやめ、ジグヘッド2gで中層を攻めますが、反応がイマイチ。

たまに、アタリはあるんですが、今ひとつです。

 

 

I氏と何が違うんだろう?と考えてみると、I氏は足下のみ狙っています。
バーチカルな誘いでヒットしているようです。

 

私も、真下に落とし込み、着底後、ゆっくりと巻き上げていると・・・・・

 

ゴン!! とヒット!!

追加25cm

嬉しい良型を追加です。今日は、このパターンだったか?!

 

 

続けて・・・・ゴン!!!

追加

 

ちょっと小さいので、リリースですが、このパターンで正解だったようです。

でも、時すでに遅し、撤収時間です。

離れたところにいた、Y氏、S氏も釣果は今ひとつだったようで、I氏の一人勝ち。

「海風」さんで渡ってきた釣り人も帰り支度をしていましたが、どうやら0時頃に風向きが変わり、渡船は近づけない状況になるんだとか。
帰りの船で船頭さん曰く
「先端の2人は、0時前に撤収しないと、次の日の昼まで船は近づけない」だそうです。
彼らが、無事に帰宅できた事を祈ります。

 

帰宅後、いつものように、下処理をして、就寝。
今回は煮付けで頂きました~
釣果

メバルの煮付け カサゴの煮付け

結局、真鯛は釣れなかったですが、色んなパターンがあるんだと、また勉強になりました。

秋は、風が強いので、もう一回行けたらいいなぁ~と思います。

 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

11月 18

毎週毎週、土日の天気が悪くて、予約していた陸奥湾からの出船は、中止の連続でしたが、会社の釣り倶楽部のメンバーが、釣り船「鯛神楽」さんを抑えていたのが、幸いしました・・・が、当日の天候は、悪い予報です。

それでも、今年最後になるだろう陸奥湾真鯛釣りは、何とか決行したい!!!
そんな気持ちが伝わったか?取りあえず、中止だけは免れました。

しか~し、当日の天候は、雨は降る、ウネリは高く、強風で、船酔い覚悟の状況です。

前日もウネリが強くて、アタリが取り辛かったと聞いていましたが、本当にウネリが高くて、釣り辛い。

チャリコが多い状況らしく、イソメを使っているメンバーは、手のひら~足裏サイズのチャリコがぽんぽんと上がります。

ちなみに、私はチャリコは要らないので、一つテンヤのみで狙います。

ほとんどアタリを感じることなく、餌のエビだけが、しゃぶられます(笑
それでも、何とか乗せたのが、チャリコ(爆

チャリコ

この状況の中、隣のA氏が、良型をヒット!!
59cmの食べ頃サイズ。

続いて、H氏が64cm。

どちらもテンヤでの釣果。

良型が通過するポイントらしく、気は抜けない状況で、船頭さんが魚探を見て、「イイサイズが来てるよぉ~」と声を掛けてくれるタイミングで、誘いを掛けます。

9時半頃、ロッドをあおり、誘いを掛けて、ゆっくり着底させた直後、「ゴゴゴ」とロッドが引き込まれました。
すかさず、合わせを入れた直後から、ラインが一気に持って行かれます。
まったく、止まりません!!! 20mほど走られてから、少しずつ巻くことができましたが、それでもギュンギュンと走ります。

結構長いやり取りが続きました。今まで釣ってきたサイズとは明らかに別格。
最初の突っ込みは真鯛っぽいんですが、これだけ姿が見えないと、青物? サメ?と不安になってきます。

やっと姿が見え、その大きさに驚きました!!!

76cm自己記録更新 横から

計測中

76cm!!!自己記録更新です。

いや~重いっす。この時、持ち上げるのが大変でした。

初めてのナナマルサイズでしたが、ロクマルとは、引き味が別格ですね。

自分のタックルでも十分やり取りできた実績が非常に嬉しいです。

気持ちを落ち着かせて、ラインをチェックして、追加に挑みます。

また、誘いを掛けて、ロッドを戻した直後、ラインごとロッドが引き込まれ、すかさず巻き上げに入りましたが、ラインスラッグが多かったので、フッキングが甘かったな~と思いながら、やり取りしていました。

ある程度巻き上げてきて、サイズは60cm代前半だろうな~と思って安心していた直後・・・・

・・・・痛恨のフックアウト!!!

やはりフッキングが甘かったようです。

ラインスラッグが多かったので、二度合わせすべきでした。
ここ2シーズンくらい、良型のバラシ率は0%だったのですが、ここでちょっと油断してしまった…orz

気分を取り直し、またテンヤで攻め続けます。

37cmを追加です。

37cm

お昼を過ぎ、ちょっと疲れもでてきて、ロッドを構えながら、眠いなぁ~とぼーっとしていた時・・・

・・・スパン!!!とラインごとロッドを引き込まれる様なアタリ!!

ちょっとびっくりして、すかさずフッキングして、やり取り開始。

ナナマルを上げてしまったせいか、そんなに強い引きとは思えません。

「ロクマルは無いと思います。」と、上がって来たサイズは、57cm。
一番ウマイサイズです\(^O^)/

食べ頃

その後、追加は無く、タイムアップ。

この日の釣果

みんなの釣果です。

左の4枚が私の釣果(緑のバンド)。

アタリが取り辛い状況で、完全に向こう合わせになってしまいましたが、船頭さんの場所判断に助けられた感じです。

おそらく、今年最後となる陸奥湾ですが、最後に最高の釣果を出せたことが、とても嬉しいです。

ちなみに今回のヒットてんや『ハヤブサの無双真鯛 貫激テンヤ6号』。

買い足します(笑)

ハヤブサ『無双真鯛 貫撃テンヤ』

 

釣果は、お魚屋さんで綺麗に捌いて貰って、綺麗にパック詰め。

パック詰め

食べきれないので、友達・ご近所へお裾分けです。

今回も昆布〆にした鯛茶漬け。
鯛は、これが一番ウマイと思います。

鯛茶漬け

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

10月 11

会社の釣り倶楽部のメンバーから『10/6欠員出ちゃったから、陸奥湾行かないか?』と声が掛かりました。
乗る船は、陸奥湾で予約の取れない遊漁船となりつつある『鯛神楽』さんでした。

当日、家の冷凍庫に保管していたエビを忘れ、待ち合わせ場所に集合・・・・・と、1人足りない。

『おかしいな』とTELしてみると・・・・『あれ?今何時?』

Y氏、痛恨の遅刻!!!

20分ほど遅れて、Y氏登場。餌を買う必要もあったので、この遅刻は痛い(汗

そふえ釣具店にて、オススメのテンヤ用エビを買い、30分遅れで浦島マリーンへ到着。

『この30分で、50cmを5枚は逃した』とイヤミを言われつつ、急いで準備します。
こんな時に限って、忘れ物とかするもんです。しっかりと、点検して、いざ出船。

天候は曇り。波は無く、凪ぎです。

水深30m付近の浅場でスタート。
鯛神楽さんの特徴は、魚探を見ながら、真鯛の状況を解説してくれます。

『前から良型来たよ~』 とか 『70クラスが2枚来たよ』とか・・・

4号のオーバルテンヤにエビをセットし、ゆっくりフォールさせ、着底後、少し間を置いて、誘いを掛けますが、水温が高すぎるのか、ほとんどアタリがありません。

鯛神楽さんから、『フォールから着底した瞬間に、当たっている。だから、ラインテンションを絶対にフリーにしないこと。』とアドバイス頂き、小さなアタリも逃さぬ様、集中していました。

ちょうど、ロッドをあおった瞬間の出会い頭に、アタリ!!
小さかったのか、フッキングまでには至りませんでした。

7時頃、フォール直後にラインテンションが、”ふっ”と軽くなり、リグの重みが感じられなくなったので、『のった』と判断して、フッキング!!

一気にラインが走り、本命の引きです。

水深が無いので、横に走ります。ノシのロープもあるので、慎重にやり取りして、待ちに待った良型をゲット!

68cm 計量中

68cmの綺麗な真鯛です。ガッチリ、鯛神楽さんとガッチリ握手をして、本日のノルマ達成で、ちょっと余裕です。

続いて、I氏が61cmを釣り上げ、船上のテンションも上がります。

しかし、実はその後が続かなかった・・・・

大きく移動し、40mラインを狙うも、チャリコのみ。

そのうち、風と波が出始め、西の空には、真っ黒な雨雲が・・・・と思ったら、雷雨です。

途中、他の遊漁船に会い、状況を伺うと、『全くダメ』とのこと。

昼過ぎの潮の動きに期待しましたが、結局良型の追加ナシ。

最後は、チャリコが多いので、自作鯛玉にイソメを付け、3枚の手のひらを追加で、15時終了。

帰港

大館市扇田の仲吉さんで、綺麗に捌いて貰い、帰宅。
仲吉

まだまだ水温が高いせいか、口を使ってこない状況だったようです。
もう2℃ほど水温が下がれば、かなり釣果が期待できるだろうとのこと。

なるべく軽いリグを使って、小さなアタリを逃さないのが、今後の課題です。

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

7月 22

本日は、『休日にはボートを連れて』のとしけんさんより、お誘いを頂き、ボートに乗せて頂く事になりました。

話を聞くと、先週は、真鯛・スズキ・ヒラメ・ワラサ・ソイとウハウハだったそうで、そのお祭りに参加すべく、5:30頃出港。

出港!! 出船

ちょっとウネリは残っていますが、ギリギリ酔わない程度です。

途中、割愛しますが、としけんさんが、食べ頃サイズの真鯛(45cm)をヒット!

としけんさん真鯛ヒット。

魚探には、結構良い反応があるのですが、アタリがない状況で、時間ばかりが過ぎていきます。

YO-ZURI ブランカ オーバルテンヤ

ヨーズリのブランカとか、エコギアのオーバルテンヤにバグアンツをセットしたり、アピアの青龍など、色々トライしましたが・・・・

( ̄- ̄) シーン…

・・・と、このままでは、パーフェクトボーズは確定。

としけんさんの気遣いで、ソイのポイントへ移動 → 底から10mほどで、何かがヒット!!!!

この引きは間違いなく、ソイ。

姿を確認して・・・・・・そのまま、ポチャン・・・・・

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

痛恨のフックアウト。
はい、パーフェクトボーズ確定で、11時帰港。

帰港

今回も、としけんさん、ありがとうございました。

他の船もあまり釣れている感じが無かったので、ここ2~3日の低温が影響していたのかな?と。

決して、私の行いの悪さではないと思います (゚Д゚;)

わざと釣らなかったんだぜぇぃ~

仕掛けを付けないで、釣りしてやったぜぇぃ~

釣り竿折って、素手で魚取りにいくぜぇぃ~

ワイルドだろぉ~www

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,