10月 11

先日、磯で転んでからフットウェアの情報を集めていました。

ジオロック替えソールとして、ピンスパイクを持っていましたが、今回転んだ平らな岩肌ではスパイクの方が逆に滑る事が分かり、フェルト系の替えソールを購入しようと物色していましたが、結構高額(;゜ロ゜)

ブーツも使用して10年近くなるし、本体のヒビ割れも目立ってきたので、ソールの差額分を考えて、思い切って新調しました。

ジオロック・カットラバーピンフェルトブーツ・リミテッドプロの
ワイドタイプ(FB-152P)です。


以下、Shimanoのホームページより抜粋
●耐滑性を発揮するフェルトソールに、耐滑性合成ゴムと高硬度ステンレスピンを埋め込みグリップ力と耐久性が向上
●フェルトに波型カット溝を施し、屈曲性と耐滑性を発揮
●ピンのぐらつきを抑えるEVA圧着製法
●磯場でのグリップ力と、渡船時の船上での優れた耐滑性

ってことで、少し重量はありますが、渡船での沖磯メインで使用するには良さげです。
ちなみにホームページ上ではちょっと分かりにくい仕様だったので、シマノへ直接問い合わせて決めました。



足幅あるので、ちょっと大きめのLLサイズとし、インナーソールで調整。
ソールに厚みがありフェルトが圧力を分散してくれそうなので、ちょっと期待です。

今まで使用していたブーツにはラジアルソールを付け替えて、船用とします。
さて持っている予備のスパイクソールは売却するか、所持しておくか・・・

written by kiyokiyo \\ tags: , ,