6月 24

先日購入したショアジギングロッドに入魂すべく、やってきました船川沖堤。
心配された東風も落ち着き、14:30、なじみの8名で渡船。

 



 

■メインタックル
Rod/XETSA(ゼスタ)RUNWAY XR ザ クロスカウンター97MMH
Reel/シマノ EXSENCE BB 4000S
Main-Line/VARIVAS Avani SeaBassマックスパワートレーサーPE 1.2号(24.1lb)
Leader:Fluorocarbon 3.0号(12lb)

■サブタックル
Rod/ヤマガブランクス BlueCurrent72/C
Reel/シマノ ULTEGRA C3000SDH
Main-Line/ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

 

今回用意したリグはこんな感じ↓
メジャークラフト ジグパラスロー 
アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットキャスト


ダイワサムライジグスロー


 

オーナー(Cultiva)投次郎


 

ダイワシーバスジグヘッドSS


んでもって、ちょっとリアルで面白いワームをみつけたので・・・
フィッシュアロー Flash-J SplitとSW

おなかに入ったアルミフィルムが、まぁリアルです。
3インチと4インチを購入。
セットすると↓こんな感じ。
かなりリアルですね~


 

 

 

お話は、フィールドに戻って・・・・

水は比較的クリア。
防波堤にはウキ釣り師が等間隔で並んでいます。
聞くところによると、黒鯛・真鯛がぽつぽつと上がっている模様。

前回、真鯛らしき猛者にラインを切られた、ストラクチャーとオープンエリアの境目を陣取り、20gを中心にキャスト。比較的ロッドが軽いので、そんなに負担が掛かりません。

でも・・・・

全くと言って良いほど、反応無し!!!
時間だけが過ぎていきます。

 

気分を変えて、ショアラバーってことで、昔陸奥湾で大活躍したデュエルのソルティーラバー(物置から大量に出てきた)20gに変更。


「これで真鯛でも来ないかなぁ~」と着底してから、ゆっくりとただ巻きを繰り返してますと・・・・

・・・・ギュン!!!

とラインが横に走り、強烈な引きがっっっ

( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━

フッキングを2回入れ直し、ロッドを立てて、踏ん張ります。
横に走るので、真鯛では無い感じ。

A氏が「シーバスだ!」とタモ入れの準備をしてくれています。

おお、人生初のシーバス。
しかも70cmアップはあります。

シーバスと聞いてロッドを寝かせ、エラ洗い対策。
真鯛よりは走らんな~とか、引きを楽しみながら、比較的楽に足元まで寄せますが、まだ頭は出てこない・・・
もう少し強引に行こうか、大事に行こうかと思った刹那・・・

フックアウト~

・・・・orz
しばし、呆然・・・・
ギャラリーからは、「残念~」の声。
あ~お刺身が~ムニエルが~昆布締めが~(泣)


ラインテンションは掛けた状態でしたが、向こうから上がってきた感じ。
後で、S氏に聞いたら「シーバスは足元まで来てから、突っ込みがある・・・」
「結構アゴが弱いのでフックアウトはある・・・」とか。

フックが真鯛用8号ですから、貫通してなかった可能性が高いですね。
夕まずめにチャンスがあるだろう・・・と思っていましたが、結局、夕まずめも暗くなってからもチャンスは無く、おニューロッドに入魂は出来ずでした。

この日、メバルやカサゴの反応は悪く、帰港間際の20~21時に表層や中層でやっとヒットしたようですが、かなり渋い状況でした。
自分は、禁断のサビキ針で、小アジを数尾釣っただけ。
(写真は無し。)

ちなみに浮き釣りのI氏が黒鯛42cmをヒット


他には、N.S.氏が40cm近いふぐをヒット


アジの泳がせでワラサをヒットした人もいましたが、メバリングには渋めの日でした。
夜光虫も発生してて、帰港した時はかなり幻想的~
光る海面を船が進んでいくという・・・

 

また来月、リベンジですな。
今度こそ、大物釣ったる!!!

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , ,

10月 31

土日に天気が悪い状態が2週間も連続でありまして、なかなかシャクりにもいけず、もやもやしていました。

後から聞いた話ですが、強風と高波の中、やる気のあるエギンガーが、至る所で、良い釣果をあげているとの情報がアチコチから入りまして、居ても立っても居られず、今シーズン最後になるかも・・・?しれないってことで、渡船を計画。

メンバーは、Y氏、I氏、そして取引先のS氏のワタクシ4名。

戸賀より「根島」へ渡りました。「ねてげ」へ渡りたかったのですが、先行者が居て、残念。

根島上陸

東風が気になりますが、まずは、3.5号のエギで深場を狙いますが・・・・

 

反応ナシ・・・(;゚Д゚)


シャロー側を狙っていた、S氏がまずまずのサイズを釣り上げ、ちょっと活性が上がりますが、東風が強くなり、シャローを狙う事が厳しい状況です。

シャローを追い風で狙える「陸の根島」へ礒替えすべきか、他に行くべきか・・・悩みましたが、このまま状況が変わりそうもない島へ居てもしょうがないと判断し、礒替えです。

船頭さんの話では、「ながとこ」の調子が良いと言うことでしたが、「ながとこ」は既に6人も人が居るので、「陸ながとこ」へ移動。

この場所もシャローと深場の両方が狙えますので、ちょっとは期待ができそうです。

何度か、沖を丹念に探っていると・・・・沖からすごい勢いで、胴長20cmくらいの良型が向かってきました!!!

・・・が、1mほど離れた場所で、Uターン….(・_・?)

コレは、スレていますね~

でも、たまに、胴長13~15cmサイズが、2~3匹で勢いよく追って来る用になり、このパターンで、周りはぽつぽつ釣果が出始めました。

そのパターンで、やっと、自分にもノセることができました。

やっとこさ1杯

なぜか、釣れてくるイカのほとんどが、両腕もしくは片腕が無い。
エギでやられたか・・・ちょっと不思議です。

ふと、後ろを見ると、ハードプラグで遊んでいたS氏のシーバスロッドが・・・・がっつり弧を描いています。
シーバスか、真鯛がヒットした様です!!!
真鯛61cm
なんと、真鯛61cm。口からは、クラゲが沢山出てきました。
クラゲも食べるんですね~

結局、私は追加無しでタイムアップ。
他の沖礒でもイマイチだったようで、完全に天候に負けた感じです。

恐らく、今期最後になると思われるエギング。

好調の割には、トータルで30杯行かず・・・・・
やっぱり、天気に関係なく釣行に出ないと、釣果は繋がらないってことですね。

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

10月 30

アオリが釣れないという悪夢の続くこの秋、さてさてどのようにして釣りを楽しもうか…と思っていたところ、私の振替休日と会社の釣り倶楽部A氏の休みが重なると言うことで、A氏の誘いで、3年ぶりのウキフカセ釣りです。

波は無いが、東風10m以上という天気予報の中、戸賀へ。5時ちょっと前に到着するが、この車の少なさは・・・・??
1番船がもう出発していましたが、車は10台もいません。
最近真鯛が好調という南側が混んでいるのか?と話をしながら、2番船で鎧島へ。
でも、「ヨリシマ」ってお願いしたんだけど・・・・(汗

取りあえず、最後のあがきってことで、エギング開始。

そして、3キャストで・・・・・・

---------- 終了 -----------

(´Д⊂ モウダメポ

やっぱり、アオリはいねっす。完全に心が折られました…….orz

んで、久しぶりにコマセを作って、えっちらこっちらと仕掛けを作って、北西向きの場所で、スタート。
A氏は既に西向きで始めてました。

とにかくコマセを打ったエリアには、鉛筆サヨリがうじゃうじゃ、でもアジは居ませんね。
この日は、A氏の仕事の関係で、11時島上がりとなっていたので、とにかくコマセは手前にがっつり打って、付け餌で沖目を狙う作戦です。
ってか、本当に久しぶりなんで、今までの自分のスタイルをそのままやった感じです。

程なくして、チャリコをゲット。取りあえず、ボーズではないので、嬉しい1枚です。
ホントはリリースしたいところだけど、何のお土産がないのも寂しいので、家族分はキープしようかと・・・って次が続きません。

どんどん風が強くなってきて、完全にロッドが風で煽られて、釣りになりません。

仕方が無いので、今度は手前のなるべく深場を狙います。
そこで、チャリコを追加。

コマセも無くなり、付け餌のみで、遠投していると、結構良い感じでチャリコが釣れてきます。
あれ?沖目は、チャリコのお祭り?と推測されますが、風が強すぎて、上手く流せないし、もうヤケクソ。

A氏は、バッカンを波に襲われ、こちらもコマセ無し(笑

早々に、片付け、バッカンを洗って、磯蟹を観察していました。

この磯蟹、とんでもない数で、カニカゴとか持ってきたら、かなり取れるんじゃないかな・・・
法的にどうなんだろう??

ちなみに、A氏の釣果はチャリコとウマヅラ。夜勤だというので、私が頂く事になりました。

風さえなければ、もう少し楽しめたんだろうけど・・・と言いたいところですが、これも自然相手なんで仕方が無い。

帰宅後、チャリコは七輪で塩焼き⇒酒蒸しにしました。

おこぼれを期待し、頑なに待つ我が愛犬(w
真鯛の塩焼きと何かを期待する犬

すみません、他に写真無いッス ヾ(゚д゚;)

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

11月 07

右腕の筋肉痛が治まらない状態で、毎週釣行に明け暮れています。
筋肉痛というか、炎症に近いかも・・・・www
今回は、お取引先のSさんより、渡船のお誘いがあり、会社の釣り倶楽部のいつものメンバー(Y氏、I氏)と共に、男鹿へ。

今回は、沖磯で真鯛を狙う事になっていましたが、まだまだアオリはイケるだろう!とエギと真鯛ブラーのタックルを用意。
アオリが渋い時に、真鯛や底モノを狙えるようにしました。

既に深場へ移動しているアオリイカですので、沖磯なら・・・。
丁度、J州屋のサイトにて、胴長31cmも上がった情報ありで、期待は大です。

5時ちょっと前に戸賀港到着。Sさんも既に到着していましたが、1番船は既に出ていました。
6時を過ぎても、船が戻ってこない・・・・辺りが明るくなってきて、やっと2番船にて出港。
(どうやら、落水した人が居た模様です・・・)

西風によるウネリが大きく、宮島へ上がり、私はエギングなので、追い風になる東側へ歩きました。
岬になる場所は、既に1番船で上がった人達が居たため、ちょっと入り江となった場所を陣取ります。

早速、準備しキャスト。手前が駆け上がりとなっていて、根掛かりが心配されます。
1回だけ、ギューンとエギを持って行くアタリがありましたが、のせられず….orz

今度は、根に擦れて、リーダーからぷっつん!

風向きが南西に変わりました。潮の流れは、その逆。案の定、潮に流されたエギが、根掛かります。
2個目をロスト…orz

ここで、今度はブラー真鯛にチェンジ。イソメを3本房掛けに、キャスト!!!
フグにガツガツ喰われ、時間だけが過ぎていきます。
根掛かりも多く、気持ち的にも辛い。

更に、フカセ釣りの方の仕掛けが、風に流され、私のキャスト方向へ来ますので、場所移動。
3名の陣取る、水道付近へ戻ります。

宮島より

3人とも、手のひらから足裏サイズの真鯛を上げていました。
Sさんが35cmほどの良型も上げたと言うので、結構調子は良いみたいです。

Sさんの隣で、ブラー真鯛。根掛かりが少ないので、釣りやすいのですが、餌が取られるだけ・・・

たまにエギングにチェンジしますが、アタリ無し!!!

釣果の無い私を見かねた、Sさんが予備の竿を貸して下さり、2シーズンぶりになる浮き釣り挑戦!!





異常なし

13時になり、帰りの船が来るまでのラスト2時間、エギングに集中です。

水道付近を攻めるも、反応無し。

14時で帰った先行者の場所が空いたので、更にしゃくります。

ふと横を見ると、Y氏の竿がイイ弧を描いています。
30cmちょっと越えの綺麗な真鯛が上がって来ました。
Y氏真鯛

鯛モードの中で、アオリはやはり厳しかったか・・・・と諦めかけていた・・・

その時!!!

シャクっている途中で、『?』何か引っかかったかな?と上がって来たのは・・・・

小さ(笑)

ラストアオリ

胴長12cm。シーズン始めに戻ってきたようですwww
やはり今日で、納竿せよとの神の声でしょうか・・・・・

何とかボーズは免れました。
帰りに、S氏の釣った真鯛とシマシマを頂きました。これは嬉しいお土産です。
真鯛とシマシマ

結局、この日をもって、今シーズンのエギングを終了することにしました。
まだ、狙えるかもしれませんが、あまりにも渋すぎます。

実は、立てかけていたリール(カルディアKIX)が水没し、帰宅後に真水で洗いましたが、心配なのでオーバーホールに出しました。エギング用のリール2個共に入院中ですので、物理的にも無理ぽ。

今年は、アオリイカの当たり年で、とても楽しい時間を送れました。
エギのロストも少なく、やっと自分のスタイルが定着した感じがします。
何よりS氏のお陰で色々な磯場を知ることができましたし、状況を見極めることができるようになったかな~と思います。

ところで、頂いた真鯛は塩焼き、シマシマ(シマ鯛)は煮付けにしました。

シマ鯛は初めて食べましたが、かなり旨かったです。
シマ鯛はウニを食べると聞いていました。実際に、腹からは、ウニのトゲが出てきましたので、本当なんだ!!と驚き。
上品な味で、メバルやソイの煮付けよりも旨かったですね~
真鯛の塩焼き シマ鯛の煮付け(飾り包丁を忘れる・・・)

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , ,

11月 15

この日は、会社の『磯釣り大会』でした。しかし、前日の天気予報では、雨と時化の予報でした。
あまり、参加者が無いのでは?と、釣果は自己申告制となりました。

しかも、この週、秋田県の磯釣り真鯛の記録が15年ぶりに更新されました。その記録も次の日には更に更新されるという、真鯛ラッシュ!
真鯛を狙わないわけがありません。

天気が悪くなるのが、昼くらいと考え、朝一から男鹿へ。途中、能代の釣具店で青イソメを購入しました。

ブラーはちょっと高いので、Yahooオークションにて、スプーンのブランクを購入して、針を結び、ブラー真鯛ならぬ、スプーン真鯛で狙います。
スプーンブランクス

6時にポイントへ到着。天気予報が悪いこともあってか、先行者が全く居ません。沖側の磯場へ陣取り、青イソメを房掛けして、ロングキャスト。
雨はまだ降っておらず、波もあまり無し。ちょっとウネリがある程度です。天気予報では波2m~となっていましたが、大外れ(w
波、ほとんど無し
こんな穏やかなら、ヤリイカ狙いで、エギも持ってくるんだった・・・・とちょっと後悔しました。

潮の流れが、かなりあり、キャストしたスプーンが左から右手前へ押し戻されてきます。丁度、10mほどの根に潮が潜り込む感じです。
そのせいか、ロッドを下げておくと、道糸が根に引っかかって、根掛かりしてしまいます。何回か高切れしました。

スプーンでは、波受けが良すぎて、流されてしまうので、ブラーに変えました。

肝心の魚のアタリはほとんど無く、1時間ほど反応無し。やっとゴゴンとアタリ。直ぐ様フッキングしますが、走り方からアイナメと分かりました。
途中、首を振っているのが分かります。
アイナメ30cm

その後は、巻き上げてくるブラーにイナダがアタックすることが何度かありましたが、のらず・・・・

フグも姿を見せ、アタリというアタリは、フグで、餌を取られるばかり。

途中から、雨も降り始め、テンションは一気に下がります。まあ、寒くないのが、唯一の救いです。

場所をちょこちょこと変えながら、色々狙いますが、真鯛の姿もなく、12時集中力も落ちて、撤収。

一つ分かったのは、スプーンを使うときは、バッハタイプはダメだと言うこと。
チヌークタイプであれば、くるくるとブラーのようにアピールしながら沈みますが、バッハタイプは、まっすぐと沈んでいきます。

道糸も考えものです。PE1.0号を使用していますが、根ズレにかなり弱く、ロストが多いです。
太めのファイヤーラインか、フロロにすべきかなと考えますが、この辺はもう少し、検討が必要ですね。

ちなみに、釣り上げた、アイナメは煮付けにて頂きました。
アイナメの煮付け

written by kiyokiyo \\ tags: ,