6月 24

先日購入したショアジギングロッドに入魂すべく、やってきました船川沖堤。
心配された東風も落ち着き、14:30、なじみの8名で渡船。

 



 

■メインタックル
Rod/XETSA(ゼスタ)RUNWAY XR ザ クロスカウンター97MMH
Reel/シマノ EXSENCE BB 4000S
Main-Line/VARIVAS Avani SeaBassマックスパワートレーサーPE 1.2号(24.1lb)
Leader:Fluorocarbon 3.0号(12lb)

■サブタックル
Rod/ヤマガブランクス BlueCurrent72/C
Reel/シマノ ULTEGRA C3000SDH
Main-Line/ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

 

今回用意したリグはこんな感じ↓
メジャークラフト ジグパラスロー 
アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットキャスト


ダイワサムライジグスロー


 

オーナー(Cultiva)投次郎


 

ダイワシーバスジグヘッドSS


んでもって、ちょっとリアルで面白いワームをみつけたので・・・
フィッシュアロー Flash-J SplitとSW

おなかに入ったアルミフィルムが、まぁリアルです。
3インチと4インチを購入。
セットすると↓こんな感じ。
かなりリアルですね~


 

 

 

お話は、フィールドに戻って・・・・

水は比較的クリア。
防波堤にはウキ釣り師が等間隔で並んでいます。
聞くところによると、黒鯛・真鯛がぽつぽつと上がっている模様。

前回、真鯛らしき猛者にラインを切られた、ストラクチャーとオープンエリアの境目を陣取り、20gを中心にキャスト。比較的ロッドが軽いので、そんなに負担が掛かりません。

でも・・・・

全くと言って良いほど、反応無し!!!
時間だけが過ぎていきます。

 

気分を変えて、ショアラバーってことで、昔陸奥湾で大活躍したデュエルのソルティーラバー(物置から大量に出てきた)20gに変更。


「これで真鯛でも来ないかなぁ~」と着底してから、ゆっくりとただ巻きを繰り返してますと・・・・

・・・・ギュン!!!

とラインが横に走り、強烈な引きがっっっ

( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━

フッキングを2回入れ直し、ロッドを立てて、踏ん張ります。
横に走るので、真鯛では無い感じ。

A氏が「シーバスだ!」とタモ入れの準備をしてくれています。

おお、人生初のシーバス。
しかも70cmアップはあります。

シーバスと聞いてロッドを寝かせ、エラ洗い対策。
真鯛よりは走らんな~とか、引きを楽しみながら、比較的楽に足元まで寄せますが、まだ頭は出てこない・・・
もう少し強引に行こうか、大事に行こうかと思った刹那・・・

フックアウト~

・・・・orz
しばし、呆然・・・・
ギャラリーからは、「残念~」の声。
あ~お刺身が~ムニエルが~昆布締めが~(泣)


ラインテンションは掛けた状態でしたが、向こうから上がってきた感じ。
後で、S氏に聞いたら「シーバスは足元まで来てから、突っ込みがある・・・」
「結構アゴが弱いのでフックアウトはある・・・」とか。

フックが真鯛用8号ですから、貫通してなかった可能性が高いですね。
夕まずめにチャンスがあるだろう・・・と思っていましたが、結局、夕まずめも暗くなってからもチャンスは無く、おニューロッドに入魂は出来ずでした。

この日、メバルやカサゴの反応は悪く、帰港間際の20~21時に表層や中層でやっとヒットしたようですが、かなり渋い状況でした。
自分は、禁断のサビキ針で、小アジを数尾釣っただけ。
(写真は無し。)

ちなみに浮き釣りのI氏が黒鯛42cmをヒット


他には、N.S.氏が40cm近いふぐをヒット


アジの泳がせでワラサをヒットした人もいましたが、メバリングには渋めの日でした。
夜光虫も発生してて、帰港した時はかなり幻想的~
光る海面を船が進んでいくという・・・

 

また来月、リベンジですな。
今度こそ、大物釣ったる!!!

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , ,