5月 27

今年2回目の船川沖堤。
雨による影響で若干海は濁り気味。
ちなみに前日は80オーバーの真鯛が上がったという情報も有り、真鯛タックル持参を悩みましたが、二兎追うモノは・・・・と言うことで、メバル中心のタックル。

■メインタックル
Rod/ヤマガブランクス BlueCurrent72/C
Reel/シマノ ULTEGRA C3000SDH
Main-Line/ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.6号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

■サブタックル
Rod:Daiwa 月下美人 AJING 74L-S
Reel:Daiwa 月下美人MX 2004W
Main-Line:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.4号
Leader:Fluorocarbon 1.25号

喰い重視でリーダーは一サイズ細めにしました。

メンバーはいつもの同僚のI氏、A氏、会社の取引先のS氏に加え、友達の友達併せて8名。
防波堤に上がると思いのほか風が強く、しかも真横の風。
これはちょっと釣りづらい状況だったので、ちょっと重めのリグで・・・・・

・・・(゜◇゜)ガーン
フックとビーズを入れたケースを忘れてきました・・・・
ダウンショットやテキサスリグが選択肢から消えました・・・orz

仕方なしにジグヘッド7g+サンドワーム2インチニューペニーで足下から狙いますが、反応無し。
川水が入ってきているようで、全体的に反応が薄め。

1時間ほど時間だけが経過し、ちょい投げからスローリトリーブでガツガツと追い食いがあるので、そのパターンで、ヒット!!!!

22cmのまずまずのサイズ。
このパターンでもう1尾追加して、薄いアタリはあるものの、のらず・・・


と言うかこのしつこいアタリ、犯人はグーフーでした(; ;)
1キャスト毎にワームがこの有様・・・・


Camoカラーに1本だけ入っていた違う色のワーム(;゜ロ゜)
新色かwww

沖目のグーフーがうるさいので、足元のケーソンの隙間にリグを落とし込んで、立て続けにカサゴを2尾ゲット!!
 

しかも良型。
すごいぞ、色違いワーム!!!
と続くかと思われただ、またしばしの沈黙。
どうも、パターンがコロコロと変わってくる。

 

薄暗くなった頃、同行者がサビキを内側に投入すると、アジがポンポンと上がってくる。
月下美人に1gのジグヘッド+ベビーサーディンで初のアジゲット!!!

にかく風が強くて、うまくリグを沈められない。
リリースサイズのメバルが数本混じるが、サイズアップならず。
同行者のAくんは、ここで良型のメバルをゲット。
ワームに秘密があるのか?!ガルプの新ミノー2インチでした。
取りあえず1本分けて貰って、狙うも俺にはサイズアップせず・・・(T_T)

この後、キープサイズのメバルを2尾追加して、19時頃、風が弱くなった頃、同行者が30cm弱の真鯛を釣り上げ、しばし沸く。沖目からのシャッドテールただ巻きでヒットしたと言うので、5gジグヘッドに新ミノーをセットして、根掛かりの少ないエリアでロングキャスト。

着底は明確に感じることはできなかったが、川水がなじんできたのか、水質はクリア。
風もあまり気にならない状況で、カブラと同じ様にゆっくりとリトリーブ。

2~3回キャストを繰り返したところで、駆け上がり付近で、ガガガッと前アタリがあったところで、ラインが引き込まれる。

キタ━(゚∀゚)━!

これは、真鯛っぽいっっっ

電撃フッキングで、うまく掛けたが、結構な引き。
ギュンギュンドラグが鳴り、リールを簡単に巻くことができない。
ごつごつと根に当たる感触があったので、ラインブレイクを避けるために、ロッドを高く立てる。

うまく根を避けることができたが、下に下に潜る感じで、ロッドを立てて抵抗するも、鳴り止まないドラグ。
このまま、強引に行くか、粘るか?!と選択肢が頭をよぎったところで・・・・

ぷっつん…

 

痛恨のラインブレイク(T-T)
ジグヘッドの結び目から綺麗に切れてので、根ズレでは無く歯で切れたか。
あたり方は真鯛だけど、オフショアから釣ったことがあるキツネメバル40cmオーバーも真鯛に似たな引きをするので、どちらかは分からなかったけど、せめて姿を見たかった~

その後、風が急に強くなり、まともに攻めることができず、タイムオーバー。
キープはメバル3尾、カサゴ3尾、アジ1尾

全部、綺麗にツボ抜き処理済みです。

月下美人にリーダー1.25号だと厳しかったかな?
でも細仕掛けだから喰って来たのかもしれない・・・と色々考えちゃいますが、S氏曰く「真鯛30cm程度なら、メバルのタックルで十分上げることができるので、もっと大きかった可能性がある」の一言で、前々から購入を考えていたショアスローロッドを決意!!!

次回、リベンジぢゃ

(ノ゚д゚)ノ

 

今回の釣果は、3枚おろしにして、ムニエル風に。
頭と中骨は、2度揚げの骨せんべいに。

2度揚げせんべい、めっちゃうまでハマります。
 

 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , , ,

5月 05

GW中、船川沖防波堤でナイトメバリングを計画していました。
今回のメンバーは、会社の取引先のS氏、そして同僚のY氏、I氏、A氏、私の5名。

天気は晴れ。風はややありますが、海は波も無く、最高の状況。

 

15時に沖防波堤に渡船。
渡船

先端から2番目に5~6名、ウキ釣りをしている人たちが居る程度で、そんなに混んで無いです。
(とまあ、先行者は早々に帰港しましたが・・・)

今回のタックルはいつもの2本。
リグもジグヘッドを中心に、根魚用。
最初は、ヤマガを使用して、重めのリグで、攻めます。

本日のタックル

■メインタックル
Rod:Daiwa 月下美人 AJING 74L-S
Reel:Daiwa 月下美人MX 2004W
Main-Line:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.4号
Leader:Fluorocarbon 1.75号

■サブタックル
Rod/ヤマガブランクス BlueCurrent72/C
Reel/シマノ ULTEGRA C3000SDH
Main-Line/ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム0.6号
Leader:Fluorocarbon 2.0号
今回は、外海側の水深があるので、重めのリグ(ブラクリ)を事前に自作。
過去の日記にアップしているパウダーペイントで塗装もしました。
自作ブラクリ

 

話は戻って・・・・

 

到着後、S氏がアイスジグ投入で、立て続けに2本、本命メバル(良型)をゲット。
リアクションで乗ってきたようです。
アイスジグでの2本

これは、活性が高いんじゃない?
っと、期待は膨らみますが・・・・

 

 

反応薄っ(;゚ロ゚)

 

 

1時間半くらい、小さなアタリはあったけど、乗らない。
続かない、ヒットしないの三拍子(汗)

 

沈黙を破って、ブラー+ガルプサンドワームで内側の沖目を狙っていたA氏が、良型のアイナメをゲット。
A氏アイナメ

後に続け~と、ランガンを掛けて、フォール中に小気味良いバイトを拾って、やっと本命!!
小さい・・・

小さい・・・orz

 

 

諦めずにランガン。
着底したと思ったら、ラインが走っていました~
30cmのアイナメ。ちょっと嬉しい外道です。
アイナメ30cm
今回、クーラーボックスを汚さないように、100均から丁度良いタッパーを見つけ、入れてきました。
入って良かった(w

 

 

辺りが薄暗くなり、釣れ始めるマズメ到来・・・・

防波堤下へフォールさせ、ゆっくりとリトリーブによる誘いを掛けます。

着底前にラインが止まったので、フッキング~
で、カサゴゲット。
手頃な25cm。立て続けにもう1尾追加。
カサゴ25cm またまたカサゴ

他も皆、カサゴです。
ベタ底の時もあれば、フォール中に喰ってくる場合もあり、かなり高活性。
でも、本命メバルが釣れない・・・・

 

今まで、フォール中のアタリを取るのは、苦手でしたが、本日の内海側は風がほとんど無く、サミングしながらフォールさせているので、着底するまでのカウントが早い場合は、すぐに気付ける感じ。
フォール中のアタリが多いなら・・・と、タックルを月下美人AJINGでリグも軽めにチェンジ。

 

その30分後、あたりは真っ暗になってから、フォール中にヒット!!!
んで、丁寧に上げて、やっと本命キープサイズ(23cm)ゲットです。
やっと本命メバルちゃん

 

このメソッドでイケけるんじゃ無い??

と思ったら後が続かず、リリースサイズを2本追加しただけで、アタリが続かない。

 

また少し場所を変えて、2回、小さなアタリがあったけど、乗せられず、3投目・・・・

ゴンっ

明確なアタリで、即合わせ。

ギューンとロッドが絞られて、「これは大きいぞ~」と期待を膨らませて上がってきたの・・・
カサゴ28cm

やっぱり、カサゴ(‘-‘*)

でも、でかい。28cmの良型です。
ロッドで抜くのが怖くて、船着き場からラインをもって上げました。

 

この後、またまた続かず、時間だけが過ぎていく感じ。

他もあまりアタリが無いようだし、風もほぼ無くなった外海側を攻めてみる。

こつこつと、アタリがありますが、乗らない。
ってか、小さいな~
リリースサイズを1本掛け、やっと本命1本。
メバル22cm
22cmで、やっと追加です。

外海側は、ベタ底だったり、中層だった、フォール中だったりと、レンジはバラバラなんですが、個体数が少ないのと、小さいサイズが多い感じ。

そんな状況ですが、もう1本追加。
追加のメバル

ラスト1時間で、アタリはあったけど、追加は無しで23時タイムアップ。

キープの釣果は・・・
メバル3尾(Max:23cm)
カサゴ4尾(Max:28cm)
アイナメ1尾(30cm)
タッパー大活躍

 

 

 

5月にメバリングで防波堤に乗ったのは、初めてだったけど、全体的に単発が多かった感じです。
良型も、個体数も少ない印象。
沖目のベタ底を攻めなかったので、何とも言えないが、もしかしたら、時期的にベタ底?だった可能性もあり、無風になった時に、ダメ元で重めのリグで、沖のベタ底を攻めておけば良かったなぁ~と。
結局、カサゴが多かった・・・と言うより、防波堤周りをメインに攻めた結果ですかね。

こりゃ、近々リベンジですな~

 

 

今回は、カサゴとメバルの刺身と、煮付けにしました。
S氏がアイスジグで掛けた、赤なまこもあります(w
刺身は、やはり メバル>カサゴ で旨し。
本日の食卓

やっぱメバルは旨いなぁ~

 

自分の月下美人はイイ働きをしてくれていますが、AJINGロッドなので、掛け重視です。
リトリーブで乗せるメバリングロッドに比べ、ベリーの曲がりが無く、先調子。
それでも、リトリーブで違和感無くフッキングできるので、不満は無いのですが、色々なサイトを見ているウチに、もう少し高価で、繊細なロッドが欲しくなってきました。
とても悩む。マウスを持つ右手が、ポチッとしそう・・・・ガマン、ガマン・・・

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , , , ,