2月 04

自作の鯛カブラとか、シンカーの塗装は、液体のペイントを使用していましたが、ネット検索をしていたら・・・

とても良さげなペイントを

発見!(゜o゜;

Pro-Tec Powder Paint

Pro-Tec Powder Paint 
(パウダーペイント)という粉末です。

ジグヘッドの塗装に使用される他、車のホイールや、自転車のフレームなどに使用されている様です。

 

国内で取り扱っているところがほとんど無くて、個人輸入で購入しようかと考えましたが、何とか発見して通販しました。

購入したのは、グローピンク、グローイエローチャート、グローホワイト、オレンジ、写真にはありませんが、レッドです。

 

 

 

使い方は、とても簡単!!

シンカーや鯛カブラをライターなどで熱し、この粉を塗して・・・

 

Pro-Tec Powder Paint glow Pro-Tec Powder Paint yellow glow

 

 

また粉の上から熱するだけのお手軽操作。

完成!

 

 

 

塗膜もかなり厚く、固いので、コーティングも基本的には不要かもしれません。
といっても、この上にセルロースコーティングはする予定ですが・・・・

 

溶剤では無いので、揮発の心配は無いし
塗膜がとても厚いので、何度もディッピングする必要無し!!
さらに、ディッピングの際に、塗膜が溶けることも無い。

 

・・・と思ったら、セルロースディッピングで
塗膜が少し溶けるようです(;゜ロ゜)

 

 

自作カブラ UVライト

完成はこんな感じ・・・・
いい感じにUVライトでも発光しますが・・・・

 

コーティング前と比べると、ちょっとムラが目立つような・・・(汗
ディッピングするか、しないかは数をこなして考える必要がありそうです。

 

 

→ 後日の追記です。

セルロースコーティングとの相性は、悪いようです。

セルロースコーティングの溶剤の影響か、コートの内側で、パウダーペイントが固化しにくいことが判明。
硬いコートに下は、ぶよぶよ感があります。

そして、2日ほど乾燥させていましたが、セルロースコート内で、固化できず、ぶよぶよの塗料が内部から出て来てました(@@;)
ひでぶ~( ゚д.∵:・..状態です

ディッピングは失敗

セルロースコートとの相性は、完全にダメですね。

コートしないと、表面の艶がいまいちなので、パウダーを薄く、何回かに分けてペイントするようにした方が良い感じ。
なかなか、難しいものだ・・・

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

5月 25

とても軽いリグを使用して、喰い込み重視の
ソリッドティップのロッドが欲しい!!

と思っていまして、色々物色していたところ、DAIWAの月下美人がコストパフォーマンス的にもよさげと言うことで、新調しちゃいました。

70UL-Sか76UL-Sか・・・キャスティングのできるソリッドティップのロッドは使用したことが無いので、悩みました。

ふと、DAIWAのページを見ていると、月下美人AJINGがラインナップされており、メガトップ搭載で非常にリーズナブル。

ここで悩んだのが、71UL-S(ルアー重量0.5~4g)と74L-S(ルアー重量0.5~10g)。

今更ですけど、目的は「軽いリグの使用」にこだわったはずで、ウルトラライトにすべきだったとも思いますが、どうせなら色んなリグも対応できて、新しい素材も試したい・・・・
本当に軽いリグを使用するなら、全く使用していないスミスのトラウトロッドがある!!!
・・・・と言うことで、決めたのが・・・・

ロッド:月下美人 AJING 74L-S
リール:月下美人MX 2004W
ライン:RaPaLa ラピノヴァX マルチゲーム 0.4号


月下美人AJING 74L-S 月下美人MX 2004W 月下美人AJING リールシート

・・・リールも買っちゃいました(;^^)ヘ..

 

もう少し上位グレードにしたい気持ちもありましたが、まずは経験を積んで、あれやこれやニーズに合ったタックルを改めて揃えようと思いまして、このチョイスです。

 

 

 

昨年購入したYAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) BlueCurrent 72/C と並べて比較。

月下美人とBlueCurrent 月下美人とBlueCurrent

価格の違いもありますので、ちょっと安っぽさはありますが、なかなかの完成度かと感じます。
ティップの柔らかさですが、イメージしていたより、全然硬いです。
テンヤ専用のティップのふにゃふにゃ感は全く無く、やはりキャスティング用なんだなぁ~と。
(当たり前と言えば、当たり前ですwww)

BlueCurrent 72/Cのルアー重量は1~10gなんで、ほぼ同スペックですが、月下美人の方が、やや柔らかめ。

 

続いてリール。

月下美人MX 2004W 月下美人MX 2004W

最初、シマノにしようかと思っていたのですが、ほぼ外観で決めちゃいました!
はっきり言って、この価格帯のリールとしては、デザインがとても良いです。
昨年の12アルテグラは、ちょっと失敗だったかな・・・と思ってしまいます。

BlueCurrent 72/C には、12アルテグラ(C3000SDH)と0.6号PEのタックル仕様にしていますので、もう少し小型のリールで、PE0.4号も良いかもしれないですね。
もう1個、月下美人を買っちゃいそうです・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ついでにリグも購入。
リグ

 

あとは、魂入れをするばかり・・・・
(と言っても、それが難しい・・・)

 

新調したロッドスタンドも、置き場所が無くなってきたゾ(汗

ロッドスタンド

 

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

6月 02

最近、ふと思う。

陸奥湾真鯛・エギング・オクトパッシングがメインのフィッシングライフで、ちょっと時間がある時に、手軽に海へ行きたい・・・

っと急に思い立って・・・・・

BlueCurrent72/C BlueCurrent 72/C

s-IMG_0517 アイテム

買っちゃいました!!!!

ロッド:YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス) BlueCurrent 72/C
リール:Shimano  ULTEGRA(12アルテグラ) C3000SDH
ライン:RaPaLa ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号 (200m)

ってことで、狙うは、

メバル

>◎ ))><

ダス。

もともと、ブラックバスに学生時代4年ほどハマっていましたので、この手のルアーフィッシングは、好きです。

どうせなら、尺メバルを狙いたいってことで
渡船による夜釣りを計画!!!

・・・・強風で、中止・・・・(゚◇゚)ガーン

でも、タックルの入魂だけはしたい!!!
風裏を考えて、男鹿方面にしようか、県境方面に行こうか悩んだあげく、Y氏の強い要望から、岩館漁港へ決定。

夕方到着。全く釣り人がいません・・・・釣れないのか?
岩館にて タックル

ちょっと漁港手前の浅場で、Newロッドの感触を確認。
ふにゃふにゃかと思いきや、結構硬めです。PEラインの0.6号は、思いのほか強度があり、一安心です。

先端に陣取っていたY氏の様子を見てみると・・・・20cmほどのメバル1尾。

風が強めなので、7gのジグヘッドに バグ系チャートカラーの2インチをセットし、防波堤キワを狙うと・・・・

ゴーンとヒット!!!

初ヒット27cm 初ヒット

初ヒット!!!
27cmくらい。いきなり良型 (^_^)V
これで、一応タックルの入魂完了!!!

でも、この魚はメバルか? ちょっと違いますね。

カサゴ目フサカサゴ科メバル属の何かではあると思いますが・・・
クロソイ? キツネメバル? ムラソイ? でも涙骨が無いから、クロソイでは無いと思う。
まあ、メバル属の何か・・・ってことで。

追加を狙うんですが・・・・

まったく釣れねぇ~

アタリ無し

そして、対岸から砂粒が飛んで来るほどの、強烈な風がずーっと吹き続き、全く釣りになりません(;゜ロ゜)

途中で来た浮き釣りの方も、風が強くて帰ると、撤収。

いずれ、弱まるであろう風は、22時過ぎまで吹き続けました。

その後、非常に釣りやすい状況にはなったんですが、まったく反応も無く、結局、追加の無いまま0時半、終了です。

Y氏は、15~20cmで3尾。私は、結局1尾…orz

ってか、ネットとかで見ていると、1~3g程度のジグヘッドで皆さん釣ってらっしゃるようですが、難しいですね。
PEライン0.4も用意していますが、ちょっと弱すぎかと不安ですし、今度、慣れていくしかないですね。

釣ったメバル属は、お刺身とお味噌汁で頂きました~(゚д゚)ウマー
非常に上品な脂で、刺身はぷりっぷりでした。

メバルのお刺身と味噌汁 捌き後

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

3月 24

エギングロッドを新調しました。

ゼナックのASSAUT Esperto 86 Accuraを5シーズンほど使用していましたが、ブランクがヘタってしまいまして、シャクってもロッドがすぐに戻ってきません。

2段シャクリをしたりすると、ロッドが戻りと、2段目のシャクリが衝突して、「コキン」とロッドが鳴り、使いにくいです。

ゼナックには、半永久保証がありますので、このブランクの交換は可能の様ですが、前から欲しかった我逢人を新調することにしました。

年末に楽○の某ショップに問い合わせましたが・・・・このショップ、一切の問い合わせに応じないところで、無反応。

仕方が無いので、注文手続きを済ませると・・・納期未定との回答があり、キャンセル扱いになりました。

「注文が可能なのか?納期は?」 と、問い合わせをしましたが、これも無反応。

結局、直接ゼナックへ問い合わせをして、別の通販ショップで発注しました。
せっかく、送料が無料になるので、でかいロッドケースも注文。これは、真鯛のテンヤ用ロッドの為に購入です。
テンヤ用のロッドは、ティップが弱いので、セミハードタイプのロッドケースが欲しかったんですよね。

・・・・と前置きが長くなりましたが・・・・

Newロッドとロッドケース

商品の到着です!!!
Zenaq ASSAUT Gahoujin AG-86 Parabolic

(ゼナック アソート我逢人 パラボリック)

ちなみに、ロッドケースは、ブリーデンのセミハードロッドケース205

Gahoujin

保護袋から取り出してみて、ちょっと感動。ブラウンというか、ワインレッドというか、ちょっと不思議な色です。

Assaut Gahoujin

ロゴ部分と、フックキーパー。これは、富士製で、単品でも売っているタイプの色違いかな?

Assaut Gahoujin

グリップの部分は、カーボンのスペーサーと、ツインロックシステム。
気持ち、短い感じがします。これは、実際に使ってみないと何とも言えないですね。

Assaut Gahoujin

ゼナックのルーフガイドシステム。ゼナックの刻印入りで、チタン製です。
非常に金が掛かっている部分。

Assaut Gahoujin Assaut Gahoujin

非常に径の小さいガイドが数多く付いています。
トップガイドが、MNST。その次3つ目までが、LDB。更にそれ以降はKガイドの様です。

専用のライン通しが付属していますが、問題無く通せそうです。

アバニ エギングPE マックスパワー

ついでに、PEラインも新調しました。
バリバスのアバニ エギングPEマックスパワー0.8号です。

旧タイプの0.8号は11lbだったのですが、Newモデルは、14.7lbです。アバニのPEラインを使用すると、他のメーカーは使用できなくなる感じがするほど、滑らかです。

バリバスからは、4本撚のアバニエギングPEミルキーという新しいラインがラインナップしていますが、これはとても安く強度も十分の様です。
釣り仲間が買ってみたので、使い勝手を見てみます(w

ちなみに、ブランクのヘタったASSAUT Esperto 86 Accuraですが、ゼナックの半永久保証のお陰で、安価に修理が可能と言うことが分かりました。

これでASSAUT Esperto 86 AccuraとASSAUT Gahoujin AG-86 Parabolicの2本で釣行に行けます。
リールをもう少し良いモノに出来れば、ロッドとのバランスも良いのでしょうけど・・・ステラとかねd(^-^)

written by kiyokiyo \\ tags: , ,

2月 03

エギングの際、いつも2ピースロッドをまとめて、バンドで縛って、持ち歩いていましたが、穂先やラインへのダメージが気になっていました。

ネットを徘徊していて、ちょっと気になるアイテムを見つけ、ポチッとしていまいました。

その名も『クイックロッドケース』

クイックロッドケース クイックロッドケース

烏賊番長ロゴ

タックルをリール付きの状態で、まとめて収納でき、持ち運びも出来るという優れもの。

ランガンでも、渡船でも、車内でも、ダメージを気にすることなく、持ち運びができます。

しかも、水洗いも可能の様で、お得です。

もう少しお値段が安いと、有り難いのですが・・・・そのうち、類似品が出そうだな・・・(w

↓は、重見モデルですが、もし良かったら見てみて下さい。

[amazon asin=”B0045H2Y2Q”][/amazon]

written by kiyokiyo \\ tags: ,