10月 20

 

今期アオリシーズン最後の満月&大潮になるので、ナイトエギングを強行。
取引先のS氏も出撃すると言うので、ご一緒させてもらうことにしました。
(やっぱり、独りの夜釣りって怖いんで・・・)

 

会社を出て、帰宅して、男鹿へ向けて車を走らせ、能代を過ぎたところで、先行しているS氏からTEL。

『良型が、結構釣れてるぞ~』ってことで、かなり状態は良さそう。
気持ちが焦りますが、こればかりは仕方が無い(;´Д`)

 

21時、ポイント到着。

急ぎ準備をして、S氏の居る礒場へ移動。
結構ウネリが強く、途中は波の引き際をタイミング良く渡る必要があり、独りだったら、間違いなく引き返している状況です。

 

先行していたS氏は、20時スタートで既に8~9ハイは上げたと言うことで、結構浮いているし、状況は良い感じ。

 

先日購入したユニチカ エギエスツーβのチャートホワイトシルバー3.5号で、沖を攻めます。

結構風が強くて、ラインスラッグが膨らみますが、何とかなる状況。
ただ、ウネリが強いので、シャクった後のフォールで、まるでイカがのった時の様に、テンションが掛かるのが間際らしい(w

 

・・・と2キャスト目で、フォール中に重みを感じたので、ガツっと合わせると、のってました。
暗いのでよく分かりませんが、結構良いサイズ。

胴長20センチ

胴長20センチの良型です。
結構身が厚いので、ギリギリ抜けた感じ。

 

次いで、S氏のロッドが大きく弧を描いています。
これは、抜けない感じのデカサイズ。
タモを持って来ていて良かった~って、ことでネットイン。
S氏の胴長24cm

胴長24cmの良型です。
ってか、先日自分がショア記録更新したサイズと同サイズ(汗

 

イキナリの良型の連続ヒットで、力が入るのですが・・・・・

 

 

 

 

 

・・・一気に、活性ダウン
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

ポツポツと上げるS氏に対して、追加2ハイの自分。
入座して、1時間ほどで3ハイでしたが、その後はまったく無反応。

 

潮の状態が、結構複雑に変化。
表層が風の影響で、沖へ流れているのに、深いところはあまり流れが無い。
さらに、風が沖へ向かって強く吹いている状況です。

 

着底も取り辛くて、ついにエギエスツーをロスト…orz
お気に入りだけに、痛いです。

 

エギが沈んでも、ラインは沖側へ流されているので、恐らくしゃくっていても変な動きをしているんだろうな~と推測。
こんな状態だったので、今思えばラインスラッグを出さないで、常にラインを張るか、ゆっくりとリトリーブして、エギの向きを一定にすべきだったなと思います。

いつものナイトエギングなら、キャスト→サミング→着水→カーブフォールってパターンですが、ついつい、沖の深い場所を狙おうと、ラインを送ることに拘り過ぎていました。

 

 

11時過ぎ、ほとんどアタリも無くなったので、撤収。
自分は、追加無し。
S氏は、なんやかんやでぽつぽつ追加して、トータル20ハイ弱くらい。

 

地合に間に合わなかったのが痛いのですが、これはやはり腕の差です。

そう言えば、S氏はゆっくりリトリーブしていたんだよなぁ~
それが釣果の差になった可能性も・・・

 

来週は、台風が接近するので、どうなることやら・・・
もう1回、行きたいところです。

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,

10月 14

 

待ちに待った3連休。
珍しく、ウチの会社も3連休となり、腱鞘炎になるくらい、シャクってやるぅ!!!
と思っていたのですが、海は大時化で、風10mオーバー、波4m予報。
(´・д・`)ショボーン
海に近づいちゃナンネ。ってことで、半分諦めていました。


 

んで、予報を見ていたら、14日(祝日)は、風が2~3m予報だったので、うねりは残るだろうけど、多分大丈夫だな~と思い、急遽、準備。
おそらく男鹿は濁りがかなり残るだろうから、濁りにめっぽう強い、某磯を目指すことに。

 

4時半くらいに、現場到着。
他に車は無し。あたりは真っ暗で、かなり怖い(汗)

 

昨年、猿に遭遇したとか、熊が出たとの話を聞いていたので、ますます怖い(;゚ロ゚)

 

意を決し、藪の中を訳の分からない大声を上げながら、進み、取りあえず、変な生き物に遭遇することなく、無事磯へ・・・・

 

 

・・・・?!

 

 

予想外です。

 

 

波が高くて、普段はむき出しの磯が、波を被っています。
ブーツもぎりぎりで、何とか浅い場所を選んで、ポイントへ入座。
荷物は、流されないよう、高い場所へ置いて、取りあえず開始。

ダッパ~~~ンッ!

 

と、大波を被り、わずかにブーツ浸水。
カッポリしちゃいました(T_T)

躓かない様にウェアの裾を、ブーツの中に入れていたのが、まずかった。
膝まで乗り上げる波で、びちょびちょ・・・

 

そんな状態でしたが、ロッドがアジでも掛かったかのように、ぎゅんぎゅん引いています。
期待を込めて、巻き上げてくると、まあまあのサイズ。胴長15cm。
本日1ハイ目
このコンディションで、1ハイ釣れたら、自分としては満足です。

 

その後、連続ヒットは無い。
エギ王リアルに変更して、1回イカパンチを乗せられず、反応はイマイチ。

あたりが明るくなってきた時、やっと1ハイ乗った。
でも小さい。
追加
3.5号にガッチリとしがみついています。

 

 

その後、2回のイカパンチを乗せられず・・・orz

 

イカパンチが多いって事は、サイズが小さいのかな?

と、勝手に解釈し、乗りやすい状況を作るべく、ダブルソードのレインボー/オレンジ3.0号にサイズダウン。

 

数回キャストした後、ギュンギューンとイカパンチ。

すっと、ロッドを寝かせてラインを送りますが、結構勢いがある引きで、そのままフッキング!!!

 

重い(汗

 

一瞬、根掛かりしたか、海草にでも引っ掛かったかと思うくらい重い。

 

 

『イカか?』とちょっと疑問でしたが、その走りが強烈。

 

 

ドラグがジージー鳴って、巻けません。

 

今回は、予備タックルを使用。
08セフィアCI4のドラグは、ちょっとイマイチで、微妙な加減が一切出来ない状況まで消耗していました。
ローラークラッチが多分、逝く寸前(滝汗

 

ちょっと閉めたら、全然ラインが出ないし、ちょっと緩めると、ラインが止まらない。

 

バレるよりは、いいや~と、ドラグを強めにして、ややゴリ巻き。
上がって来た胴体を見て・・・・

 

でかっ!!!

 

タモも持ってきていないから、何とか、リーダーを持って、ランディング成功。

胴長24cm 計測中
胴長24.0cm、ショアエギングでは、自己記録更新です。
( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ


ちなみに、ショアエギングのレコードは2010.10.24
ボートからのレコードは、2010.10.30

 

重さ800g弱です。もう、処理しちゃいましたが、白子入っていました。
胴長13cm程度と比べると、その違いが分かります。
せっかくなので、他にジグングやっていたアングラーに、写真を撮って貰えばよかった・・・
イカサイズ比較

 

その後、1時間ほどがんばりましたが、全く反応が無いので、8時撤収。
3時間で3ハイでしたが、自己記録更新できたので、満足です。

 

帰り道も、普段は普通に歩ける礒が、水没&波ありで大変でした。
礒場

 

自己記録更新のアオリは、一夜干しにすることに。
身が厚いので、いつもの倍以上漬け込み、ぴちっとシートの強力版で2日冷蔵庫に寝かせたいと思います。
ホント、でかいね~
塩漬け中 ぴちっとシート

 

ちなみに、08セフィアCI4は、メンテナンスに出す予定。
大事なやり取りにこの状況は、マズイでしょうね~

 

恐らく、来週はラストエギングか?!

written by kiyokiyo \\ tags: , , ,

10月 06

 

本日は、『休日にはボートを連れて』のとしけんさんより、お誘いを受け、戸賀から真鯛とアオリを狙うことに。

 

前日、真鯛は75cmも出た様で、期待大。
アオリは、そこそこ釣れている様ですが、爆釣と言うわけでは無いみたいですが、ティップランエギングは、ほとんど経験なしですので、楽しみ~

 

6時頃、港を出て、一気にマダイポイントへ。
波はほとんどなく、風も緩やかで、そのまま流し釣り。
APIAの青龍60gで狙います。

 

魚探には、底に反応がありますが、なかなかバイトがありません。

 

・・・と、小さなバイトがあり、軽めに合わせると、足裏サイズをゲット!
足裏サイズ

まずは、ボーズは免れました(汗

 

反応がちょっと薄めなので、リトリーブのスピードをかなりゆっくり目に切り替え、底を切って10m程巻き上げたところで、じわ~っとテンションが掛かってきました。

『喰ってきているな~』と思い、そのままスピードを変えずに、巻いてくると・・・・

 

ギュン

 

と走ったところで、大きくフッキング!!!

 

まあまあの走りで、真鯛であることは、確信。
ただ、サイズがあまり大きく無さそう。

上がって来たのは、38cmの食べ頃サイズ。
38cm 取りあえず、記念撮影

その後、後が続かず、エギングへ切り替え。

 

深場でのティップランエギングは初めてに近いので、取りあえず重めのリグで、狙います。
Wソード+シンカー

 

 

 

自分には反応が無い・・・・

 

 

そのまま、数時間が経過して、としけんさんがヒットしたすぐ後で、待望のアタリ。
ロッドがギュンとしなります。

『お!結構良型~』と思っていると、痛恨のバラシ…orz

それも、そのはず、横抱きしていたイカには、フッキングされておらず、イカがエギを離してしまいました~

これは、痛い…orz

 

その後、やっと同じくアタリ!

今度は慎重に引き揚げ、何とか胴長15cm程度をゲット~~~~

 

さて、ここから一気に行くぞ~と思いきや。

 

エギをロストして、結局、追加無しと言う・・・(w

 

風も強くなり、とにかく釣りにくい。
ロッド選択をミスったことも原因ですね。
イケスのアオリ

ちょっと予定より早い12時前に帰港。

 

強風には勝てず、残念ですが、ボウズだけは免れた~

としけんさんには、誘って頂き、非常に感謝です。
ちょっとティップランの勉強しておかなきゃな~

 

 

 

 

 

 

 

written by kiyokiyo \\ tags: , , , , ,

10月 06

 

 

この日は所用があり、釣りには行かない予定でしたが、直前で取引先のS氏よりお誘いがあり、午前10時上がりの短い時間で、渡船することに・・・

戸賀では、胴長33cmのキロオーバーが上がったばかりで、良い情報しかありませんので、一夜干し用の塩水を3L用意し、出発~

待ち合わせは5時でしたが、4時半には到着。
ちょうど1番船が出発。ほとんどがエギンガーです。

5時に、戸賀港をすぐ出た礒へ渡ります。

 

さて・・・・爆釣・・・・

 

 

さねっス(゚◇゚)ガーン

 

 

 

根ずれで、先週活躍したエギエスツーベータをロスト。
S氏が沖目で3ハイゲット。
私が、沖目でやっと胴長13程度をヒットして、まるで反応がない。

サヨリの群れに、アオリがバイトしたりと、居るのは分かるのですが、反応がなさ過ぎです…orz

 

 

 

7時、礒替えにより、クロカラへ。

 

ここでも反応が無かった・・・

 

 

S氏が追加で3ハイ上げますが、反応が薄すぎ。
ここでも根掛かりで1個ロスト…orz

 

 

ラスト30分程度の時、追い風を利用して、沖目の根際へキャスト。
底を取って、4回くらいゆっくりシャクり、そのままフォール。
ラインテンションが変化したので、ゆっくり合わせると・・・・

 

 

ガン

 

 

 

っと最初は根掛かりかと思ったのですが、乗ってます!!

巻いてきますが、ドラグがギーギー鳴り、なかなか巻けない。
ちょっとだけ、ドラグ調整して、ゆっくり巻いてくると・・・・

 

でか!!!

 

 

胴長20cm、足1本。

一応、今期のMAXサイズです。

(ヒットエギは、ユニチカエギエスツー アジ/シルバー 軽量tune)
胴長20cm 計量

足1本もそのはず、反対側の触腕(しょくわん)が無いです。
S氏が釣ったアオリのほとんども、片方もしくは両方の触腕が無いです。

 

ほとんどがスレ気味なんですね~

 

このまま、10時に礒上がり。
数は上がりませんでしたが、まずまず楽しめました。

 

結局、一夜干し用の塩水を大量に準備した時は、釣れないってことで・・・(w

written by kiyokiyo \\ tags: , , , ,